未分類

なぜユートピアは実現しない?脳・潜在意識の特性を理解するとブレずに社会の変革に臨むことができる。

どうしてユートピア(理想郷)は
実現しないのでしょうか。

$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

本当のところを言えば、

この世界のすべては絶対的な観測者
である『わたし』の中にあります。

そのため、実のところは、いつでも
今すぐにでもユートピアは実在しています。

ですが、

観測者がたくさん重なって集合意識の
結果として表現されているこの社会を
みると少し話は変わってきます。

世界を見渡せば、戦争状態にある国も
まだありますし、軍拡を重要視している
国もあります。

世界の国々の生活水準は北と
南で大きく差が開いていて、

貧困にあえぎ、食うや食わずの
生活をされている方々もいる一方で

食べ過ぎて健康を害している
国の人々もまたいます。

他にも仕事はあっていっぱい働いて、
お金を貯めても使う余裕と時間が
とれずに日々を暮らす人もいれば、

お金は手元になくて豪奢な暮らしは
できなくても家族や友人と自由な時間を
持って暮らしている人もいます。

それらが、全てバランスされて地球上に
住む生きとし生けるものが豊かに
生活できる社会は来るのでしょうか。

世界的に見れば、

戦争、貧困、飢餓、などは

ないほうが良いでしょう。

日本社会をみれば、311以降、
放射能のリスクがありますので、

原発に頼らないエネルギー需給も
確立された方が良いと思います。

つまり、原発がなくて社会が
成り立つのなら、ないほうが良い。

『戦争、貧困、飢餓、原発』

すべて、同列に並べることはできませんが、
今和多志たちが考えている人間にとって
-となるもの、として上に挙げてみました。

つまり、これらのことがなくなり、
世界がうまく回っていくのなら、それは
ユートピアに近づくことになります。

そう考える人も多くて、実際に
各地で戦争を止めようとする集まりや

世界中で貧しい国を支援をする活動もあり、
日本でも原発反対運動などが行われています。

これらの活動は今に始まったことではなく、
以前より行われてきていることです。

それでも、社会はなかなか変わらない。

その理由の一つに、

『和多志たちの潜在意識は、
   否定表現をイメージできない』

ということがあります。

和多志たちの潜在意識は常日頃、
頭で考えている意識(顕在意識)よりも
遥に大きい膨大なパワーを持っています。

空間を充満している素粒子を
スピンさせ無から有を生みだすほどの
エネルギーを持っているのです。

イメージして潜在意識が素直に
反応すればそれが現実として
表現されていくのです。

しかしながら、潜在意識というのは
その性質にちょっと癖があります。

前回の記事でも書きましたが、

脳・潜在意識は否定表現を
イメージできないのです。

前回の記事はこちら。

・あなたの口癖は何?言葉を発すれば空間が振動し
 体の細胞にもその振動が伝わり体が変化していく

例えば、

戦争反対の活動をしても
平和は生み出されません。

『戦争』 反対

という想いで行動していると、
頭の中のイメージは『戦争』が
占めてしまいます。

すると、

頭では平和の方が良いと思っていても、
イメージは戦争になってしまうので、

潜在意識は平和を創り出すことは
できないのですね。

これは有名な話ですが、

インドのカルカッタで貧しい人たちの
生活に寄り添い自らの生涯を捧げた

マザー・テレサさんは一度も
反戦集会に参加されなかった
そうです。

彼女が参加したのは平和を祈る
集まりであり、戦争を反対する
活動ではなかったのですね。

和多志たちは物事を分けて考える
二元論にあまりにも慣れ過ぎて
しまっています。

そのため、

対立軸を設定しないことには
自分の想い、ビジョンを明確にする
ことができにくくなっているのです。

しかし、対立する概念を
イメージしてしまうと

潜在意識はそちらの方に
エネルギーを向けます。

『戦争』反対に集中すれば

『争い』がどうしても

増えていくのではないでしょうか。

これは普通の意識で考えてみても
ある程度理屈が分かります。

例えば、今日本でも反原発
運動が盛んにされています。

原発を勧める勢力があれば
原発反対する勢力がある。

反対する力が強まれば、また
さらに強い力で推進されます。

それだけでは、いつまでも
対立する構造になってしまうので、
無益な争いが続きます。

そして、最終的には現時点で
より力を持っている勢力が
他方を押しつぶすことになります。

もし、原発が存在するリスクが
高いと考えて日本社会に必要ない
というのであれば、

原発がなくても豊かな生活ができる社会を
創造していく方に自らのエネルギーを
向けることが大切なのではないでしょうか。

具体的にいえば、クリーンエネルギーや
フリーエネルギーの開発、その普及です。

(現在の太陽光や風力が良い
  というわけではありません)

原発反対の運動をするよりも、
そのような新しい社会のイメージを

具体的に持っている人の活動を
支援する
ことにエネルギーを使う。

一見、遠回りのように思えますが、
実はその方が効率が良くて、宇宙の
原則にも則った活動に思えます。

宇宙の原則については
こちらの記事をご参照ください。

・『人を呪わば穴二つ』、自分の発するエネルギーが
  自分に還ってくるという宇宙の大原則

 ・【願望の実現】想い、言葉、行動はすべて同じこと。
細胞の振動数を上げるために体と心のデトックスを。

・思考が現実化しない人、引き寄せられない人に知って
 ほしい宇宙の大原則、〇〇エネルギーが回る事実

日本社会の身近な問題は放射能のリスクや
食品添加物、パーソナルケア用品の化学物質、
現代医療の薬の害などもあります。

それらに関しても、批判や糾弾することに
エネルギーを注ぐのではなくて、その分野で

自らの理想に近いことを実現しようとしている
人たちの活動を支援することにエネルギーを

注ぐと良いのではないでしょうか。

この社会、現実世界は
すべて意識の結果体です。

そのため、意識が変われば
必ず現実も変化します。

それが、変化しない、
変わらない、というのは
思い込みであり、

自らの潜在能力を否定
することにもなります。

和多志たちの集合意識の結果として
今の現実があるわけなので、

和多志たちが対立軸に寄らない理想の
社会の在り方をイメージし、そこに
集合意識がフォーカス
されれば、、、、

ユートピアは確実に
実現する
のだと思います。

ブログランキングに参加しています。

       ↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1クリックありがとうございます。

ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

●不安を解消し人生を変える●
◆次元を超える氣づきを提供するスカイプ30分無料セッション

●腰痛・肩コリを一撃!!●
◆毒を出せば体は一気に楽になる。新時代の毒だしセラピー

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー

読者登録してね

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. サラリーマンには見えない!?『不労所得を得る』ってゴール設定のヤバい点。
  2. 老いてなくても子に従え?ユニバーサルな2つの理由
  3. あなたの引き寄せパワーは弱い?引き寄せの法則を強烈に発動するあるモノとは?
  4. 【特報】映画「君の名は。」で新海誠監督が暴露した世界の秘密がヤバすぎる
  5. 電力を時給するオフ・グリッド生活、サトウチカちゃんのお話会

関連記事

  1. 健康ニュース

    おならは食物が発酵している証、がまんするよりは出しましょう。

    おならは腸で食物が発酵して栄養を吸収している証です。おならがでることは…

  2. 未分類

    怖くて行動できないときに恐怖心を払拭し行動する方法。

    怖くて動けない時ってどうしますか?今日はメルマガの読者さんのご質問にお…

  3. 恋愛・結婚

    男性と女性の役割の違い?手のひらの温度やPHの影響。男性性、女性性の統合はこの時代の課題でもある

    一昔前に、『話がきけない男、地図が読めない女』という本がベストセラーに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周動画ギザのピラミッド

考え方から人生を変える

twitterをフォロー

体を整えて毎日を楽しむ

facebookページにいいね

  1. 未分類

    イメージしたお金を手に入れるイージーな現実化ワーク
  2. 潜在意識

    頑張っても頑張っても辛くなる原因は意外とシンプル。
  3. セミナー感想

    エゴを見つけて解放する。心のゴミを身体から発散する。中島式セミナー・中島式施術会…
  4. カゴメの集いご感想

    【ご感想】最近知ったソマチットは 興味をそそるものでしたので近いところで参加しま…
  5. 未分類

    8月9日『ソマチットデータを書き換えてより自分好みの人生を楽しむセミナー in …
PAGE TOP