日本の歴史

出雲ともう一ヵ所の神在月、古事記を紐解きその由来を探る。西から東へと流れたものが元に戻り統合する

$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

10月も半ばが過ぎ下旬に
入ろうとしています。

出雲と伊勢の遷宮もあり、今年は
非常に貴重な機会に恵まれています。

さて、10月といえば陰暦の上で
神無月として呼ばれますね。

10月 = 神無月

(カンナヅキ、カミナシヅキ)

と読みます。

神無月と呼ばれるのには、
由来があります。

10月は全国各地の神社から、
神様が出雲にお参りし
集合されると言われています。

そのため、神様は自身が
祀られている神社、その場所を
離れて出雲に向かうのですね。

祀られている神社を空けて
留守にするため全国には
神様が居なくなる。

ということで、神無月と
言われるようになったそうです。

そして、全国各地から神様が
参集される出雲地方では、

もちろん、

『神在月』なのですね。

詳しくはこちらのホームページより

・神在月-出雲観光ガイド

出雲では10月のことを神在月と
呼ぶことはよく知られていますが、

日本全国の中には出雲以外にも
10月を『神在月』と呼ぶところがあります。

これは、その地域の方はもちろん
良くご存知ですが、全国的に見ると
まだまだあまり知られていないでしょう。

出雲以外で10月を神在月と呼ぶのは
長野県にある『諏訪地方』です。

これには、当然のこと
神様が関わっています。

諏訪といえば、有名なのは諏訪大社ですが、
こちらのご祭神は『タケミナカタノカミ』です。

ここで、出雲との繋がりがみえる方は
古事記などが好きな方だと思いますが、

出雲と諏訪のつながりが少し見えてきます。

出雲大社に祀られているのは言わずと
知れた『オオクニヌシオオカミ』です。

『タケミナカタノカミ』は
大国主の御子神に当たります。

つまり、二神は家族なわけですが、
どうして出雲と諏訪と離れた
場所にいらっしゃるのでしょうか。

その理由は古事記を、紐解けば
そこにみることができます。

wikipediaからの引用です。

日本建国神話 (国譲り)

建御雷神が大国主神に葦原中国の国譲りを迫ると、
大国主神は御子神である事代主神が答えると言った。

事代主神が承諾すると、大国主神は次は
建御名方神が答えると言った。

建御名方神は建御雷神に力くらべを申し出、
建御雷神の手を掴むとその手が氷や剣に変化した。

これを恐れて逃げ出し、科野国の州羽(すわ)の海
(諏訪湖)まで追いつめられた。

建御雷神が建御名方神を殺そうとしたとき、
建御名方神は「もうこの地から出ないから
殺さないでくれ」と言い、服従した。

この建御雷神と建御名方神の力くらべは古代における
神事相撲からイメージされたものだと考えられている。

なお、この神話は『古事記』にのみ
残されており、『日本書紀』には見えない。

この話の前にもストーリーがあるのですが、
長くなってしまうので割愛しています。

詳しくは、葦原中国平定(国譲り)を。

こちらもwikiのリンクです。

建御雷神(タケミカヅチノカミ)は
天津神であり、天照大御神が葦原中国を
平定するために遣わされた神様です。

葦原中国は天津神の子孫が統治するのが
望ましいとして、大国主に話を持ちかけ、

大国主は自分の子どもの意見を聞いてみろ、
といって、事代主神、建御名方神が
建御雷神の対峙することになります。

建御名方神は建御雷神に戦いで敗れて
出雲からかなり東に離れた諏訪まで
追い詰められます。

そして、最終的に、

建御名方神は

『諏訪を離れないこと』

建御雷神に約束します。

もうお分かりでしょうか、

諏訪地方で10月のことを神在月と
呼ぶ所以はここにあります。

全国の神様が出雲に集まる機会だとしても、
建御名方神は約束があるため
諏訪を離れることができないのです。

これは神様の話、、、

古事記の中の話、、、、

なのですが、

日本の実際の歴史と当てはめても、
符合することがいくつもあります。

日本では皇紀2600年を
過ぎていますが、

2600年より前、日本という土地に
誰も住んでいなかったというと、

そういうわけではありません。

弥生時代には大陸から渡来人が
やってきて稲作をもたらし、
農耕文明が築かれていきます。

大陸から朝鮮半島を渡って日本に来れば
最初にたどり着くのは対馬、北九州や
西の山陰である出雲地方となります。

農耕社会は人が増えて組織化されるほど
実りは多くなり、収穫が容易になります。

集落がつくられ、村となり、
徐々に大きな集団となりながら

西から東へと新たな土地を
求めて進出していきます。

しかし、渡来人が入ってくる前にも
生活していた人がそこにはいたはず。

稲作ではなく、狩猟と採集を生活の糧とし
生活をしていた彼らはどうなったのでしょうか。

元々生活していた場所から
離れて東へ東へと生活の場を
追われたのかもしれません。

こちらの記事も合わせて読まれると
早く合点が行くと思います。

・2つの民族からなる日本、固定観念から離れて
 日本の歴史を考える。復活すべきは縄文のチか?

・日本人 = 『ヒの民族』!? 偏見を持たず、
曇りなき眼で見定める。拠り所は外には存在しない。

西から東へ、西から東へ、、、。

大国主の国譲りは神代の時代の話ですが、
西から東へ、というのはそれ以降もまた、
古事記の中で再度でてきます。

神武の東征が思い当たります。

今でいう宮崎、日向の地から
東へ東へと上っていきます。

少しばかり時代が下り、登場人物が変わっても
『大きな流れ』というのは変わりません。

それは、宇宙の真理を受けて、表現
されているフラクタル(相似)です。

こちらもフラクタルな
ストーリーの関連記事です。

●巨人関連3部作 お陰様で5000アクセス/日突破しました!

・進撃の巨人は本当か!世界各地でみつかる大きい
人型の生物の骨格から考える地球の歴史と和多志たち人類

・進撃の巨人はどこにいてどこから来たのか?創世の謎は
 巨人の骨が握っている?特別な存在はどちらだろう

・地球上の植物とは異なる『種』であるマルンガイ、
 日本の『古事記』にみる巨人と小人とマルンガイ

大きな流れというのは短いスパンでは
なかなか変わりませんが、なんと

先に迎えた2012年に

その『大きな流れ』が

変わりました。

これからは、一度西から東に
行ったものが西へと戻ろうと動きます。

東から西へ、という流れを
意識しておくと良いと思います。

東から西へ、東から西へ、、、です。

さぁ、諏訪におられる
諏訪大神建御名方刀美恵美須尊

ふるさとの地をいつ踏むことが
できるのでしょうか。

今後、この現実世界に
どのように表現されていくのか
とても楽しみですね。

※いつも元氣で前向きに生きていたい方、
お金も含めて豊かさを受け取りたい方、

自分の人生を生きていくと決心した方は、
こちらの記事をぜひ読んでみてください。

クローバーAmazonから電子書籍出版しています。
kindle unlimitedの読み放題にも登録中!

※画像をクリックするとAmazon販売ページに飛びます。

   

●毎日、思い込みを外すヒントが満載!
◆日刊メルマガ~あなたの自由の扉を開く特別音声プレゼント中~

●塩で人生が加速する!?
◆今より元氣になって人生が3倍加速するお塩の秘密メールセミナー

●水が変われば人生が変わる!?
◆語られない水の真実を知り人生が飛躍するメールセミナー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. キングコング西野が岡山で語った信用経済とプペルを100万部売る方法
  2. 【特報】映画「君の名は。」で新海誠監督が暴露した世界の秘密がヤバすぎる
  3. サラリーマンには見えない!?『不労所得を得る』ってゴール設定のヤバい点。
  4. “For me”と“For you”、人生においてどっちが大切だと思いますか?
  5. トラウマ解消がうまくいかない人の盲点とは?

関連記事

  1. 未分類

    日常生活で意識しておきたい電磁波の影響、携帯電話、スマートフォンはできるだけ距離を離す。

    和多志たちの日常生活で体にマイナスの影響を与えているものは非常にたくさ…

  2. 未分類

    病気は体が健康に戻るためのサポーター(支援者)。治すのではなく、その原因を取り除く

    病気を治そうとする人があとを絶たない世の中ですが病気を治すことはできま…

  3. 未分類

    やり過ごそうとしてもやり過ごせない。今この瞬間を100%で生きるためにできること。

    いつもやり過ごしてばかりいませんか?何か本質的に避けたいことがある場合…

  4. 未分類

    調味料、意識していますか?ガイアの水に漬けて化学物質を分解しさらにテラヘルツのエネルギーを転写。

    調味料、意識してますか?健康を意識している人は食材を選ぶのを考えている…

  5. 未分類

    水便=細胞レベルのデトックス、自然な体に戻るためには細胞内の化学物質の排出が必要。

    ※この記事は2014年3月21日に書いたものです。3月21日に水便あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周動画ギザのピラミッド

考え方から人生を変える

twitterをフォロー

体を整えて毎日を楽しむ

facebookページにいいね

  1. マルンガイレシピ

    マルンガイ入りポテトサラダ マルンガイ健美葉レシピ
  2. カゴメの集いご感想

    【ご感想】カゴメの集いが気になったという時点で私の潜在意識はもう分かっていたんだ…
  3. 恋愛・結婚

    パートナーとのストレスフルな関係性、相手の不満や不安の原因はどこに?
  4. 未分類

    マルンガイ(健美葉)体験23日目、マルンガイの味にも慣れてきました
  5. 未分類

    やった後悔とやらなかった後悔、やらなかった後悔の方が重い理由。過去の一地点に固定…
PAGE TOP