|― +(ぷらす)な生き方

ブレブレくん、ズレ子ちゃんを卒業。自分のベクトルの向きを確認する方法

ズレたことしていませんか?

振動数、周波数が高くなり
続けているこの時代。

力の強さそのものよりも
力の向き、方向性の方が
重要性が高くなってきています。

なぜかというと、

周波数が高くなって
きているので、

想い、意識が素粒子に
与える影響力が自動的に強く
なっている
からです。

なので、

強い力よりも、

正確な方向性、

ベクトルの精度、

精密さの方が
大事なんです。

簡単ですよね。

これって3次元の物質界でも
同じような状況が表されています。

全てはつながっていて、
フラクタル(相似)で
成り立っているので、

一を聞いて十を知る、

ではないですが、

高い抽象度で物事を観る
能力が備わっていると、

一つの現象を見れば、

それが何の現れなのかを
見て取れるようになって
きます。

これは楽しいものです。

で、どういうところに

力の強さよりも方向性とか
精密さの方が大事
になっている
部分が現れているかというと、

パソコンとかスマホ
(スマートフォン)などの
デバイスにおいて顕著です。

ゲーム機でも良いです。

昔、僕が子どもの頃は
ファミコン、スーパーファミコン
全盛の時代でした。

コントローラーを握って、
ボタンをパチパチやっていて、

たまにボタンの下のゴムが
ヘたれてBボタンが効かなく
なったりしていました。

物質的にボタンを押す、叩く
ということをしていたわけです。

しかし、

現代を見てください。

スマホでもゲームができる
わけでタッチパネルの方が

これから多くのシェアを占めて
行くようになると思います。

タッチパネルであれば、

力の強さはいりませんよね。

触るだけです。

モニター上のどの部分を
触るかを意識しておけば
オッケーなわけです。

スマホなんてSiriさんや
Androidなどの

音声認識が発達していて、
MicrosoftもCortanaとか
始めちゃったわけです。

もちろん、

音声認識の精度がガンガンに
上がっているので、

そうなると力というのは、
触る必要さえなくなり、

音を出すだけ、

必要な周波数を発するだけ
ということになりますよね。

つまり、

これは周波数、振動数が
高くなり続けているこの時代の
3次元物質界的な現れなんです。

だから、

自分の生活、人生においても
何かを達成するのに、

必要なのは、

力の強さよりも、

その方向性、

ベクトルの長さよりも
向き
が重要になってくる
ということです。

そして、

冒頭の話に戻りますが、
やろうとしていることが、

ズレたことになっていたり、
ブレブレになってしまうことは

いただけないんですね。

それは、

ベクトルの向きが違う、

もしくは左右して定まって
いないからという理由です。

分かりやすいですよね?

航海しているところを
イメージしてもらえれば
よくわかりますが、

方向性が定まっていなければ
どれだけエンジンを回して
進んでも、

全然、望む場所に
たどり着かないわけです。

労多くして益少なし、

だし、

骨折り損のくたびれ儲け、

になってしまう
可能性もあります。

故に、

自分のズレを修正したり、
ブレブレな方向性を定める、

ということが必要に
なってくる
んですね。

もちろん、

そこには成果を得るという
前提があります。

得たい物がなければ、

ズレたりブレてても
それはそれで
楽しめますからね。

さて、

ここからが重要な
ところです。

自分のズレを修正したり、

ブレブレな方向性を
定めるために

何をすれば良いかを
お伝えします。

一言でいえば、

それは、

『世界に確認する』

ということです。

僕たちは他人のことは
よくわかりますが、

自分のことほど
わかっていません。

それは、自分自身を
客観的に観ることが

自動的にはできない
ためです。

そして、

この世界はもう1人の自分
である潜在意識が作り上げ、
見せてくれている現実
なんです。

だから、

自分で自分だけを
観ることでは

ズレているかどうかを
判断することは

なかなか難しいものです。

じゃあ、どうすればいいか?

それが世界に確認する
という行為になるわけです。

それを具体的に言えば、

自分がやろうとしていることを
アウトプットしてみて他者の
意見を確認
することであり、

すでに走らせているプログラム
であればやってみて返ってくる
成果を確認
するということです。

1つ注意点ですが、

他者に確認する場合、

その人の認識のレベルによって
バイアス(誤差)が激しく
出てくるので、

意見を言う人の認識をしっかり
確認することが必要です。

ズレている人の意見なら、

NGが出たときが
自分にとってOK。

逆にOKが出たときは、
自分にとってNGです(笑)。

しっかりこの時代にノって
いる人の意見ならそのまま

ダイレクトに受け入れれば
良いと思います。

そういう意味では人に
相談するというのも
なかなか難しいもの。

相談する人は厳選する
必要がありますからね。

さらに言えば、

自分の普段から周囲にいる
人は自分の認識レベルと
同じだったりするので、

相談してもあんまり効果的
ではなかったりします。

よって、自分が目指している
ところにすでにいる人と

関係を作って相談する
というのが望ましいでしょう。

コンサルとかコーチング
とかって結局そういうこと
なんですね。

認識レベルや生活のステージの
ギャップを補うために

お金を支払ったり時間を
作ったりしてエネルギーを吐き出し

今あるスペースから

余計にスペースを
空けることが
必要になってくるんですね。

受け入れるスペースがなければ、

話を聞いても結局変化は
生まれないので、

残念な結果になったりします。

以上が、

アウトプットしてみて
他人に確認するというもの。

これよりも

より確実な方法が

成果を確認する

というものです。

それは実際に行動してみて
その成果を測定することで、
得た結果を評価する

ということですね。

ポジティブな結果
返ってきたら、

それはOKサインです。

補足的にいえば、

1つの物事の結果だけでなく
それを得た時の自分の氣持ち
だったり、

他の物事も複合的に観ていく
必要もあります。

わかりやすい例を
挙げると

売上が10倍になりました~、

といっても、

働きすぎて体を壊したら
それはポジティブな状態では
ありませんよね。

まとめますと、

自分のズレやブレを修正
するときに意識しておくことは

自分で判断するのではなく、
世界に確認するということ。

それを具体的にいうと、

アウトプットして他者の
意見を確認すること、

そして、

行動してみて返ってくる
成果を確認すること、

この2つになります。

とどのつまり、

表に出してみないと
分からない、

やってみないと
分からない、

ということです。

一人で悩んでグルグル
しちゃうよりは、

オープンに話をした方が
良いでしょうし、

やるかやらないかで
同じように迷うよりも、

やってみてその結果を
確認すること
が大事です。

ブレブレくん、

ズレ子ちゃんは

早いとこ卒業して

次のステージに
向かいましょう。

※いつも元氣で前向きに生きていたい方、
お金も含めて豊かさを受け取りたい方、

自分の人生を生きていくと決心した方は、
こちらの記事をぜひ読んでみてください。

ブログランキングに参加しています。

       ↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。


1日1クリックありがとうございます。

ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー

関連記事

  1. ◆自由自在な個人事業

    最新セミナー情報 保管庫 下書き

    ◆最新セミナー情報◆6月29日(水)東京引き寄せ時代の終焉、次世代型コ…

  2. ◆ブログ(雑記)

    2月27日、メルマガ読者限定ランチ交流会の写真

    昨日大阪で、メルマガ読者限定ランチ交流会を開催しました。大阪は詳しくな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ◆自然の体が最高

    お風呂で水温計を使って2日後に免疫力をググーンと上げる方法 
  2. ◆自然の体が最高

    六角形に見える細胞は超高速でスピンしている。細胞の振動数=発する周波数。
  3.  |― +(ぷらす)な生き方

    グルグルしちゃう時に真っ先に考えること。
  4. セミナー感想(個別)

    【ご感想】おかげさまで毎日氣持ち 良く過ごせています。意識して體に良い塩と音をと…
  5.  |― 自然治癒

    記憶を司っているのは脳だけではない、細胞の中に蓄積される記憶はなくならない。思い…
PAGE TOP