|― 健康ニュース

牛乳を飲むと骨が丈夫になるというのはウソ?骨密度を考えるにはミネラルバランスとPHが重要!

$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

こちらのニュース記事のように、牛乳は健康を
高める食品として認識されているようですが、
実はそうではありません。

妊娠中に牛乳をたくさん飲むと子どもの背が高くなる―デンマーク研究
子どものころ、「大きくなるから牛乳を飲みなさい」とよく言われたものですが、これはあながちウソではない……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

今でも、カルシウムを摂るのに牛乳が良い
として勧められているのではないでしょうか。

上記ニュースも、

背が高くなる ⇒ 骨が丈夫 

⇒ カルシウムが豊富
 
ということを暗に示したいのかもしれません。

ですが、氣をつけておきたいことが1つあります。

それは、

食品やサプリ自体に含まれるカルシウムの量と
その食品を食べて人間の体の中で有効に使えるか
どうか
というのは全く異なるという事です。

これはカルシウムに限った話ではありませんが、
牛乳のカルシウムを例にとると話が分かりやすいです。

丈夫な骨が体の中で作られるには、
カルシウムだけでなくリンやマグネシウム
といったミネラルの存在が不可欠です。

牛乳は確かに含有するカルシウムの量は多いのですが、
リンやマグネシウムはカルシウム量からして少なく、
体の中で骨を作る原料として有効に機能しないと考えられます。

また、骨を丈夫にするということで
さらに問題なことがあります。

牛乳に含まれるリンとタンパク質は
血液を酸性に傾けてしまう事です。

体の中からカルシウムが減る一番大きな
理由が血液が酸性になることです。

和多志たちの体は本来、
『中性』が望ましいのです。

酸性に傾きすぎると、それを
中和させる必要があります。

水で薄めて中和させるには非常に
大量の水が必要となるので無理。

では、体はどうするか。

行き過ぎた酸性を中性に戻すために
アルカリ性のものを血中に戻すのです。

この『アルカリ性のもの』というのが、
『 Ca = カルシウム』です。

ご存知の通り、カルシウムは骨や
歯の中に溜められています。

つまり、血液を中和させるのに、骨や
歯のカルシウムを血中に溶かしだして
アルカリ化
しているのです。

牛乳を飲むと、血液が酸性に傾きやすくなり、
それによって骨からカルシウムが失われやすい。

⇒ 牛乳は骨を丈夫にしない。

ということが言えます。

さらに、牛乳は女性ホルモンのバランスに
影響を与え、乳がんなどになりやすくなる
という研究結果もあります。

味が好き、料理に必要として牛乳を飲んだり
使ったりするのは良いと思いますが、

(大量に摂らなければ)

健康維持や増強、骨密度アップなどを
目的に飲用しない方が良いでしょう。

日本で牛乳が飲み始められたのは第二次世界大戦後、
GHQに占領された後、アメリカで廃棄処分となった
脱脂粉乳を学校給食で出され始めてからです。

(子宮頸がんワクチンと同じ構造ですね)

ヨーロッパでも牛乳の歴史は浅く、
飲用され始めたのは150年前程度。

自然な状態で人間が飲むものではなかったのです。

余談ですが、人間は強いストレスを
感じると血液が酸性に傾きます。

そうすると、もちろん中和する必要があるので
歯や骨からカルシウムを血液に溶け出します。

カルシウムが足りないと怒りやすくなる、
と言われていましたが、これは逆です。

怒りっぽい、イライラしているから
血液が酸性に傾きやすくなって、
カルシウムが失われていくのです。

人間の体は恒常性を保つためにあらゆる面で
恒常性維持機能(ホメオスタシス)が働きます。

正に肉体の神秘、和多志たちの
器は本当に素晴らしいですね。

ブログランキングに参加しています。

       ↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1クリックありがとうございます。

ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

●不安を解消し人生を変える●
◆次元を超える氣づきを提供するスカイプ30分無料セッション

●腰痛・肩コリを一撃!!●
◆毒を出せば体は一気に楽になる。新時代の毒だしセラピー

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー

読者登録してね

関連記事

  1.  |―世界観・パラダイム

    使命を果たす必要はない。すでに達成されていることが前提でこの世界を楽しもう。

    使命を果たそうとしなくても良いホッとする理由とは?メルマガで配信してい…

  2.  |―経営・マネジメント

    やりたいことを知るために。「ない状態」で考えるのではなく「ある状態」で考える。

    「ない」で考えるより「ある」で考えよう昨日は、岡山でセミリタイアコンサ…

  3. ちきゅうの雫レシピ

    塩むすび 天然塩のちきゅうの雫を使ったレシピ

    塩むすび、天然塩のちきゅうの雫を使ったレシピ。【作り方】塩むすび1、白…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ◆自然の恵み

    アトピーや心臓病予防、脳の機能低下を防ぐ亜麻仁油を買う時の3つのポイント
  2.  |― 考え方

    【太陽系に生きる】三位一体、大宇宙の中の小宇宙。太陽と月と地球のバイオリズムを意…
  3.  |―宇宙ニュース

    思考の及ばないところに想いを馳せる。銀河の統合と二極性の時代の終焉。
  4.  |― +(ぷらす)な生き方

    豊かさに氣付いてますか?わたし達人間だけに与えられている真の豊かさの正体とは何か…
  5.  |― +(ぷらす)な生き方

    周囲も自分もビックリする圧倒的な結果を出す方法。後ろめたさをなくして本氣で在ると…
PAGE TOP