◆自然の恵み

オメガ3をたくさん含む 亜麻仁油が売り切れの兆し?オメガ3は正常なホルモンの原料となる。

オメガ3をたくさん含む
亜麻仁油が売り切れの兆し?
{4161E3A6-38AC-4DF6-A829-3939E8474D76:01}
先日、コーヒー豆と亜麻仁油を買いに
輸入食品店のカルディに行ってきました。
以前から亜麻仁油、在庫が
少なかったのですが
今回も売り切れとなってます。
12月の半ばだったか、NHKの番組でも
亜麻仁油が取り上げられていました。
亜麻仁油は体内では作ることの
できない油、必須脂肪酸を豊富に
含んでいます。
体内では作ることができないことで
『必須』脂肪酸、外から栄養として
取り入れる必要のある油とされています。
そして、ここからが大切です。
必須脂肪酸には
主に2種類あります。
それはオメガ3、オメガ6と
呼ばれていてそれぞれに体の
中で重要な働きをしています。
簡単にいえば、
オメガ3は炎症を抑える作用、
オメガ6は炎症を起こす作用、
があります。
炎症を起こすというと、良くない
もののように考えられますよね。
ですが、炎症も大切な機能です。
例えば、火傷をした時を
イメージしてください。
手を火傷してしまったら、その部位が
赤く腫れて、炎症を起こしますよね。
痛みもあるので辛いですが、
炎症がおきることで体内の水分が
そこに集まり治癒が始まります。
炎症は体の中のシグナルです。
火事があったら、消防車が来て
火を消すように、体にとって
治癒する必要がある場所を
教えてくれてるんですね。
しかし、現代の食事による健康問題は
それとはまた別のところにあります。
それが何かというと、オメガ3,
オメガ6のバランス異常です。
オメガ6はサラダ油などの一般的な
調理用の油のほとんどに含まれています。
しかし、オメガ3を含んでいる
油は非常に少ないのです。
オメガ3,オメガ6の
理想的なバランスは


【1: 2 】と言われています。
しかし、現代の食生活でのバランスは
1 : 12、1 : 20 とも言われています。
オメガ3は炎症を抑える、
オメガ6は炎症を起こす。
体に取り入れるオメガ6がオメガ3に
比べて非常に多くなり過ぎれば、
炎症しやすい体質になってしまいます。
体の反応が過剰になってしまう
ということですね。
具体的な疾患では
アトピーやアレルギーが
最たる例だと思います。
これは、
必須脂肪酸がホルモンの
前駆体(元になる物質)である
プロスタグランディンの
原料となるためです。
正常なホルモンは健康な皮膚や
細胞膜を作ることに必須です。
元々の必須脂肪酸のバランスが
崩れていては、正常なホルモンは
作られにくくなりますよね。

前置きが長くなりましたが、
現代の日本ではオメガ3を意識的に
摂っていく必要があるとも言えます。
そのためにも、亜麻仁油が
良いのですが、最近、欧米での消費が
増えて来ているという話を聞きます。
そのため、これから日本に亜麻仁油の
原料となる亜麻の種子が入って来にくく
なるかもしれません。
これを考える時に、
大切なのは、どうして欧米で亜麻仁油の
消費が増えているのかを知ることです。
この一つの要因に全世界で放射能濃度が
高くなっているという事実があります。
健康な細胞膜は放射能が細胞まで侵入し、
DNAを傷つけるのを防いでくれます。
実際に放射線治療の現場でも、オメガ3の摂取量を
増やすと放射線治療の副反応が
抑えられたという研究もあります。
欧米は日本よりも環境に対する
意識が高く、放射能に対しても
かなりデリケートなことは確かです。
亜麻仁油の消費が進んでいる理由
としても外れていない氣がしますね。
亜麻仁油より量が少なくなりますが、
エゴマ油もオメガ3を多く含んでいます。
亜麻仁油の原料となる亜麻は日本での
栽培は難しいようですが、エゴマは
日本で栽培できます。
オメガ3を多くの人が日常に
摂り入れるのに計画的な栽培も
必要なのかもしれませんね。
その第一歩は、
健康に対する意識を変え、
医療への依存を減らすこと、
かと思います。
すべては意識から始まる。
遠回りこそ近道ですね。
ブログランキングに参加しています。

       ↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1クリックありがとうございます。


ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。


●不安を解消し人生を変える●
◆次元を超える氣づきを提供するスカイプ30分無料セッション

●腰痛・肩コリを一撃!!●
◆毒を出せば体は一気に楽になる。新時代の毒だしセラピー

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー



読者登録してね

関連記事

  1.  |― 活発なホルモン

    幸福ホルモンセロトニンを分泌させるポイント、感情を素直に表現する人はセロトニンレベルの高い人

    セロトニンを分泌するポイントの1つに素直に感情を表現するというのがあり…

  2.  |― 飲み始める

    マルンガイ(健美葉)13日目、飲み忘れをなくしたいと思い、飲んだ時間をメモしてみました。

    マルンガイ(健美葉)のタブレット食べ出して13日目です。推奨量は1日9…

  3.  |― 自然治癒

    【アトピー】アトピーの正常化は油のバランスを変えてデトックスを進める。

    アトピーはオメガ3、オメガ6のバランス異常が原因です。オメガ6の過剰摂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ◆自然の体が最高

    元気を内側からサポートして免疫力を高めるHSP(ヒートショックプロテイン)知って…
  2.  |―コミュニケーション

    大切なものの順番を入れ替えるために起こるコト。
  3. セミナー感想(個別)

    【ご感想】始めの塩を食べてから音を聴く体験、 違いが分かって面白かったです。とっ…
  4. ◆自由自在な個人事業

    しゃしん
  5.  |― +(ぷらす)な生き方

    成功を目指すのは危険!成功者になろうとするよりも幸福者であれ。
PAGE TOP