|― 健康ニュース

1ヶ月300円以内で口内炎を防ぐ当たり前だけど、氣付かない人が多い方法。歯磨きの仕方も大事だけど

口内炎、ちょっと無理した時や
あまり栄養がとれていない時、
たまに出ることがありますよね。

酸っぱいものを
食べるときに沁みたり、

しゃべる時に舌が動くのに
邪魔になったりして、

ちょっとした症状ですが、
けっこう苦痛ですよね。

口内炎の原因にはいくつかの
ことが考えられます。

・ビタミンなどの栄養素の不足

・口の中の乾燥(唾液の分泌が少ない)

・疲れ

・口の中の雑菌の繁殖

歯磨きの仕方として
こんな記事もあるようです。

あなたのやり方で合ってる?「歯磨きで絶対アウト」な磨き方5つ
子どもの頃に歯磨き指導を受けたけど、虫歯がないので最近歯医者さんに行っていないという方も多いのでは?……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

口内炎を予防するのに
口の中の清潔は大切なので
歯磨きの仕方は大事、

なのですが、

口の中の清潔を保つのに当たり前すぎて、
あまり氣づかれてないことがあります。

それは、歯ブラシをきちんと
代えるということです。

歯ブラシは基本的に消耗品です。

理想を言えば2週間に1回は
代えたほうが良いです。

歯ブラシのブラシが弱くなり、
毛先が曲がってしまうと

いくら歯磨きををしていても
口の中が清潔になりにくいでしょう。

わたしも以前、口内炎ができて
治りにくいことがありました。

その当時は、

仕事でいそがしくしていて、
自分がいつからその歯ブラシを

使っているのかまったく氣に
とめることがありませんでした。

1ヶ月以上同じものを
使っていたかもしれません。

歯ブラシを代える。

それだけで、熱心に歯磨きの
仕方を覚えなくても効果的に
口内炎を予防できます。

歯ブラシは薬局に行けば、
安いものなら100円以下、

200円も出せばそれなりの
歯ブラシを買うことができます。

良いものを買うのも
良いかもしれませんが、

おすすめしたいのは、
細目に代えることです。

口内炎で悩んでいる方は少し
意識しておくと良いと思います。

ブログランキングに参加しています。

       ↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1クリックありがとうございます。

ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

●不安を解消し人生を変える●
◆次元を超える氣づきを提供するスカイプ30分無料セッション

●腰痛・肩コリを一撃!!●
◆毒を出せば体は一気に楽になる。新時代の毒だしセラピー

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー

読者登録してね

関連記事

  1.  |― 豊かさマインド

    お金の扱い方とお金がドンドン入ってくる人の器の大きさとは?

    お金がドンドン入ってくる人の器ってどんなものだと思いますか?引き続き、…

  2.  |― 考え方

    夢は『叶える』ものではなく『叶う』もの。何をするかではなく如何に在るか、無限の選択を超える在り方

    あけましておめでとうございます。初のブログ記事になりますが、今年もどう…

  3.  |― 子育て・育児・教育

    【いじめ問題】 いじめはいじめられっこのエネルギーを変えてあげることでなくなる。

    子どものいじめをなくすにはどうすれば良いのでしょうか?その答えは・いじ…

  4.  |―コミュニケーション

    マンネリな日々でもフレッシュな出会いを生み出すワンステップ

    マンネリな日々に出会いを起こすには?今月のメルマガ音声は人生を大きく変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. セミナー解説

    『20歳若返る・1日1食生活』で空腹が我慢できずストレスを溜めてしまうあなたへ
  2.  |― ヴァイツェン(ビール酵母)

    銀河高原ビールのヴァイツェンでお肌がスベスベに(笑)、酵母が活きてる唯一のビール…
  3.  |― 活発なホルモン

    幸せホルモンセロトニンをつくるには食べ物から必須アミノ酸のトリプトファンを取り込…
  4.  |― 水

    お風呂の効用、体の清潔を保つ、免疫力を上げる以上のことが湯船に浸かると起きている…
  5.  |― +(ぷらす)な生き方

    『正しいこと』は存在しない、反省したり、自分を責めたり、何かに当てはめて比較した…
PAGE TOP