日本の歴史

2つの民族からなる日本、固定観念から離れて日本の歴史を考える。復活すべきは縄文のチか?

※この記事は2013年10月1日に書いたものです。

$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

本日はちょっと趣向を
変えて、マンガの紹介です。

紹介したいマンガはこれ。


『ヤマタイカ 星野 之宣 著』

日本は方言はあれど、全国日本語が通用します。
そして、今は肌の色もそれほど変わらないので、
単一民族の国だと思ってしまいます。

しかし、それは大きな勘違いです。

今でも北海道にはアイヌの人々がいますし、

南九州は古来、ヤマト王権に抵抗した
熊襲(クマソ)という人々がいたとされます。

学校で習っている歴史から見ても、
弥生時代の始まりは稲作の始まり
でもあります。

それ以前は稲作を主とする農耕文明
ではなく森や山で生活する狩猟文明
だったと考えられます。

これは、貝塚などの史跡からも
明らかになっています。

また、

稲作は如何に始まったかと考えると、
大陸から移動してきた渡来人によって
もたらされたと考えられています。

つまり、

大きく分けて弥生以前からこの地で
暮らしていた民族と弥生が始まる頃に

稲作と共に大陸から移ってきた
2つの民族があったということです。

弥生以前の時代は縄文時代なので、
以前から暮らしていた人々は縄文人、
ということができます。

そして、渡来人というのは
大陸からの移民です。

現代でいえば、中国や韓国にあたる
場所から来た人たちとなります。

弥生期以降、農耕が主流となり、稲作と
共に日本全国に弥生人は広がっていきます。

違う分化を持つ民族が同じ土地で、
新たに出会う時何が起こるでしょうか。

多くの場合、ある程度の
争いが起こると思います。

そうして、

争いに勝利した方がその土地で暮らし、
争いに敗れた方は土地を追われるのです。

稲作を主とする農耕文明は
暮らしていくのに平野の方が
都合がいいですが、

狩猟文明は森や山での
採集や狩りが必要です。

そういった生活様式の違いも
弥生人が広がっていった大きな
理由にもつながるかもしれません。

弥生人が領土を拡大するごとに
縄文人は土地を追われ、
端へ端へと追いやられていきます。

日本の北と南の両端は

北海道と沖縄。

海を渡らなければ、
北と南の両端は

東北の青森(津軽)と
南九州の鹿児島(薩摩)です。

アイヌの人と沖縄(琉球)の人は
毛深い人が多いですし、顔が濃く、
似ていると思います。

また、津軽弁と鹿児島弁を聞いてみると
言葉のイントネーションやリズムがよく
似ていることに氣がつきます。

また、日本から外へ、例えば
太平洋を渡って新たな大陸へ
移った人たちもいたかもしれません。

インディアン、ネイティブ・アメリカンと
呼ばれる人たちは元日本人、縄文人
だったのではないでしょうか。

メキシコで栄えたアステカ文明や、
グアテマラにあったマヤ文明の人々も
そうかもしれません。

和多志は2007年から2009年まで
グアテマラで生活していて、

先住民の人たちと多く交流していましたが、
スペイン系の人たちとも雰囲気が異なり、

日本人にとってホッとするというか、
シンパシーを感じるところが多々ありました。

弥生期に入り、土地としての日本内では
弥生人が縄文人に変わり土地の多くを
占めていきます。

そして、時代が流れて人口が増えれば、
なお多数派が少数派を駆逐していきます。

多数派の人々は同じ文化を
持たない人たちのことを
蔑視していたかもしれません。

自分たちと異なり、目が大きくて、
顔のほりが深い縄文人を『鬼』と
呼んだのではないでしょうか。

岡山県では、桃太郎伝説が有名ですが、

見方を変えれば桃太郎は鬼が平和に暮らしていた
鬼ケ島を占領した侵略者ともみることができます。

さらに、言えば物語というのは
潜在意識に直接影響を与えます。

要するに、桃太郎伝説は、当時の侵略を
正当化して潜在意識に植え込むための
ツールとして機能してきた可能性もあります。

このように考えていくと、日本が占領されたのは
第二次世界大戦以降のGHQからではなく、
今から二千数百年前に侵略され、占領され
続けていると考えることもできます。

そして、問題なのは誰に
占領されているのか、

ということ。

これは、疑うべくもありません。

大陸から移住してきた渡来人の末裔、
今の大多数の日本人である和多志たちです。

ただ、弥生期に入って以降も一氣に
縄文人がいなくなったわけではありません。

中には融合した部族もいるでしょうし、
時代が流れればお互いに交わり
混血が進んでいくのは自然の道理です。

つまり、縄文の血は和多志たちの
中にも確実に流れている
のです。

冒頭に紹介した『ヤマタイカ』は
縄文の復活を願う人々とそれを阻止する
勢力との攻防が描かれています。

今までの歴史認識に囚われず、
日本を感じることができるので
非常におススメです。

かなりビジョナリーな本でもあるので
目覚めてくる人もいると思います。

その時はご連絡ください。
どうぞよろしくお願いします。

※いつも元氣で前向きに生きていたい方、
お金も含めて豊かさを受け取りたい方、

自分の人生を生きていくと決心した方は、
こちらの記事をぜひ読んでみてください。

ブログランキングに参加しています。

       ↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。


1日1クリックありがとうございます。

ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 電力を時給するオフ・グリッド生活、サトウチカちゃんのお話会
  2. 起業するのに資格は必要?今有るモノに目を向けよう。
  3. トラウマ解消がうまくいかない人の盲点とは?
  4. ビットコインより価値ある3つの投資先
  5. サラリーマンには見えない!?『不労所得を得る』ってゴール設定のヤバい点。

関連記事

  1. 未分類

    そんなことできるわけないじゃない、前向きに進むあなたを邪魔するドリームキラーを解消する2つの方法

    あれがやりたい、これがやりたい、もっと自由に好きなことだけをして暮らし…

  2. 未分類

    【デトックス(毒だし)の重要性】食品添加物の量が増えて病気になるまえに排出できればOK

    食品添加物の害が広く語られていますが、具体的に知っている人はそれほど多…

  3. 未分類

    書籍『アナスタシア』で語られている自然、植物は周囲の情報を取り込んで必要なモノを用意してくれる。

    究極的に体に合う食事とは何か知っていますか。最近、出会って感動した本を…

  4. 未分類

    どんな食べ物も自分により適した食べ物に変えてしまう簡単な方法、惟神(かむながら)は噛むながらか?

    どんな食べ物でも今の自分に適したモノにする方法、ご存知ですか。これは食…

  5. セミナー感想

    8月9日ソマチットデータを書き換えてより自分好みの人生を送るセミナーの様子

    8月9日のソマチットデータを書き換えてより自分好みの人生をおくるセミナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周動画ギザのピラミッド

考え方から人生を変える

twitterをフォロー

体を整えて毎日を楽しむ

facebookページにいいね

  1. 未分類

    勝ち負けにこだわる人の行き着く先は?いつも誰かと比べて不安になったり焦って疲れて…
  2. セミナー感想(個別)

    【ご感想】「悪、許すまじ」と社会運動系に 熱心に関わり、不安や怒りに絡めとられ …
  3. ソマチット

    『前世=生まれ変わる前の自分』ではない。ソマチットには生命が生まれる前からのデー…
  4. 考え方

    思うように現象化していますか?自分が発したエネルギーの回収を意識することで現実化…
  5. 未分類

    次元の捉え方、次元が上昇する毎に自由になるものが増える。
PAGE TOP