好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

他人や自分を責めて苦しくならなくて済みます。

WRITER
 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

今日は先日送ったメルマガへの読者さんからの返信をシェアさせてもらいます。

こういうメールをもらえると、仕事をしてて良かったと、思わずガッツポーズをしたくなります。

自分の知識や経験が誰かの役に立つことって本当にありがたいことですよね。

自己実現ってこういうことかもしれません。

そして、読者さんからいただいたメールを紹介して、自分を責めたり他人を責めたりする根本的な原因についてお伝えしたいと思います。

自分を責めて鬱っぽくなって下降のどんよりスパイラルに入ってしまったり、他人を責めて人間関係ギクシャクして不要なストレスを溜めて、血圧上がったり、ホルモンバランスが崩れたり、やりたい仕事に集中できなかったりします。

その結果、上手くいかなくなってさらにストレス溜まってネガティブなループにハマってしまうんですよね。

自分を責めたり、他人を責めてしまう根本的な原因をお伝えします。

まずは、読者さんからいただいたご感想をお読み下さい。

こちらTさんからいただいたメールです。

自分を責めるほどの子どもの悩み、見てみぬふりていたこととは?

Tさん

片岡さん、僕の質問をテーマにしてくださってありがとうございます。

わざわざ症状について調べていただいたり、片岡さんの優しさがとても伝わってきました。

おっしゃる通り、色々やってもなかなかイメージに寄っていかず、子供に対して申し訳ない気持ちで自分を責めておりました。

色々もがいてる中での片岡さんとの出会いや、ガイアの水の購入などがありました。

アドバイスいただいた事は試させていただきます。

片岡さんのアドバイスで気付いた事、と言うか、見て見ぬふりをしていた事がありまして、それは僕自身が子供と向き合う時間が、仕事にかまけて非常に少ない事です。

妻は毎日息子に、お父さんはいつになったら帰って来るのかと質問攻めの毎日でイライラしているようです。

お父さんに会いたくて泣いている日も多々あるそうで、でも僕は言い訳しながら仕事をしています。

これも原因の1つと捉え、変えて行くのを決意しました。

きっかけをくださって本当にありがとうございます。

この時の記事はこちら。

関連記事

さてさて、いただいた内容について、この気づき、素晴らしいですよね。

夜驚症の生理的な対策もされたあとにご自身と息子さん、奥さんの関係性について考えられて、自分から変わっていこうと決断されたところが超素晴らしいと思います。

これ、ホントに大事です。

超大事。

どうして他人を責めたり、自分を責めたりしてしまうのか?

僕らは得てして、周りの人を責めてしまいます。

僕自身、そうです。

仕事をしていて上手くいかないと、会社や他の人のせいにしたり、自分の努力が足りない、理想があるのに、行動ができないのは、自分がダメなんだと、思ってしまうコトもあります。

子どもが学校行かないとすねたときに、うちの奥さんの子育ての姿勢が問題だと思ったり、ふと考えが及んだりするんですよね。

自分のことを棚に上げて、他人を責めてしまうなんてと、そこから自己嫌悪に陥っちゃって、最初に話したネガティブな下降ループにはまっちゃう。

僕もそんなことがあります。

そういうときは、気分転換をしたり、時が解決するまで、そのまま身を任せたりしていれば回復してきます。

僕も自分や他人を責めて落ち込んでしまうことはありますが、そこからは必ず回復できるようになりました。

一時は、背中が痛くて息を吸うのも苦しかったときがありました。

マジで体が動かなくなって鬱っぽい。

精神科に行ってたら今こうやって自由にやらせてもらってる僕はいないかもしれません。

そのときから、すでに7年ほど経って、落ち込むことはあっても気分転換を意識的にしてポジティブな方向に向けたり、時が解決することを信じて変な判断をしないように落ち着いていられるようになりました。

それに至ってる根本的な考え方、その本質があるんですよね。

自分を責めてしまうのは「変えられない」という思い込みのため

それは、引き寄せの法則や潜在意識の仕組み、量子力学などを学んでみると、なるほど!と氣がつくことがあったんです。

それは、今の状態は「絶対ではない」ということです。

今の状態がずーーーっと続くことはないと、信じられるようになったことです。

要は、全ては可能性ってことなんですね。

だから、一言でいえば、誰もが変われるってことです。

逆にいえば、自分や相手を責めてしまう原因というのは、「変わらない」、「変えられない」っていう考え方なんです。

相手を変えるには、自分の(無自覚な)認識を変える必要があるので、まずは、自分が変わる必要があります。

しかし、僕らは誰もが変わることができます。

僕も変われます。

あなたも変われます。

自己嫌悪に陥ってるときって本当に世界が暗くドンヨリとしてきます。

ご飯の味も美味しくない、きれいな景色を見ても心が動かない、友達と話をしていても身が入らなくて上の空、一人になったら孤独感と先の不安が襲ってくる。

そんな状態は辛いです。

その根本にあるのは、自分にはできない、という想い。

でも、人は誰でも変わることができます。

僕も変われましたし、あなたも変わることができます。

変わり続けるのが大前提、世界は全て可能性でしかない

この世界はすべて可能性でしかないので、変化するのが当然なんです。

こちらの記事も参考に。

だからこそ、僕らは変わるんですね。

というか、常に変わり続けているのが大前提。

それを認めて信頼していけば、自分を責めたり他人を責めたりする必要もなくなりますよね。

今日は、Tさんにいただいたメールから、自分と他人を責めない根本的な考え方についてお伝えしました。

僕も変わりますし、あなたも変わります。

周りの人を直接変えることはできませんが、自分が変われば他人も変わります。

気持ちが落ち込んでしまうときは、「この世界は可能性」ということを思いだして前を向いていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

水が変われば人生が変わる

あなたの人生を7割変えてしまうかもしれない語られないお水の秘密を知りたくありませんか?

7割というのは、人体における水分の量。

この体を構成しているお水の性質がガラリと一変してしまうとしたら、あなたの人生は今まで以上のモノになると思いませんか?

健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉の通り、僕らの体と心は密接に結びついています。

体を構成している水を変えれば、体が元気になって気持ちも変わり、ひいては人生そのものが変わっていく

その常識を超えた水の秘密をこのメールセミナーでお伝えします。

上のボタンをクリックして、お名前とメールアドレスをご入力ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2018 All Rights Reserved.