好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

嫌な思い出は未来を変えれば消えていく

WRITER
 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、マルンガイ仲間と一緒にメンタル系のワークショップをやっていました。

その中で、参加してた仲間の1人がシェアしてくれたことがあります。

それが、「道が開けた!」と感じた瞬間、今までどうしようもなく嫌だった記憶(過去のトラウマ)がなくなっていることに氣がついた、というコトでした。

思い出すだけで息苦しくなったり、体が硬くこわばって緊張して息が浅くなり、ハァハァ、胸が圧迫されて苦しくなるような過去の思い出があったんですね。

それが、ある分野において、自分自身の状況をイメージして未来の設定を作ったところ、その体にネガティブな反応をもたらしていた過去の記憶の影響を、受けなくなってることに氣がついたそうです。

すすす、スゴイ

そんなことがあるの??と思いますけど、あるんですね。

それはなぜか?

具体的な話をしていきたいと思います。

読んでもらえれば、過去の嫌な思い出に囚われず、あなたの理想の生活に3倍の速度(シャア専用)(笑)で近づいていけます。

過去の経験から選ぶか理想の未来から選ぶか

量子力学の世界では、この世界は一人一人の認識によって出来上がっていることが言われています。

だから、認識を変えることで、現実そのものが変わっていくことは事実なんです。

そして、トラウマ、体が苦しくなるほどの過去の嫌な記憶の影響がなくなることも十分にあり得ます。

時間の概念の考え方は2パターン

時間の概念について少し説明しておいた方が良いかもしれませんね。

時間の概念には、2パターンの観方があります。

1つは、過去から未来に向かって時間が流れているという観方。

これは、一般的な観方で多くの人がこのような感じ方をしています。

過去があるから、今の私があって、その先に未来の私がいる、という観方ですね。

小学校で野球やってたから、中学の部活でも野球部入ろうという考え方です。

ちょっと雑な例えですみません(笑)

もう1つは、未来から過去に向かって時間が流れているという観方です。

こちらは、小学校で野球やってたけど、中学入るときはサッカー選手になりたいから、サッカー部に入るという感じ。

中学入るころにサッカーのワールドカップをやっていて、人氣選手が超カッコよくて、自分もそうなりたい!ワールドカップに出場する選手になりたい!という想いを抱いて、サッカー部に入部するという考え方になります。

未来を決めることで現在と過去が変わる理由

過去の自分から、現在の選択をするのか?

もしくは、未来の自分から現在の選択をするのか?

ということですね。

過去から未来に流れる時間であれば、どうしても過去の実績や自分の体験、能力によってモノゴトを選択してしまいます。

だから、未来というのは現在の延長線上にしかなくなるんですよね。

大きな変化は望めません。

でも、未来から過去に時間が流れているとすると、過去に縛られず今の理想によって物事を選択できます。

自分が望む未来を設定してそれに向けて今の選択をしていると、自動的に望む未来が向こうから自分に向かって近づいてくることになります。

だから、現状を大きく変える可能性が高くなるんですよね。

そして、それは過去にも影響します。

それは、未来の設定を変えることで、今の自分にとって重要なモノが変わるからです。

野球部に入っているなら、学校から帰ってご飯時にテレビで日本のプロ野球を見るかもしれません。

でも、いきなりワールドカップの選手を目指すことにしたなら、スカパーやWOWOWなんかに契約してセリエAの試合を深夜に起きて観るかもしれませんよね。

分かりやすい例で、小学校の野球でピッチャーをやって、相手チームにサヨナラホームランを打たれたことがトラウマになってたとしても、サッカーワールドカップの代表選手に選ばれるという未来の前では、そのトラウマは解消される可能性もあります。

(色んなケースが考えられるので、あくまでも可能性の話)

もうちょっと可能性高い例もあげておきます。

例えば、野球をやっていてライトからホームベースに向けて遠投した時に、肩を痛めた経験がトラウマになって思いっきり投げることが不安につながっていた場合、サッカー選手を目指すことでそのトラウマは解消されるかもしれません。

サッカー選手に遠投の能力は重要ではないからですね。

過去の嫌な思い出も未来を変えることで、影響を受けなくなるコトがあるんですよね。

過去と未来、時間の概念を知るおススメ記事

こちらの記事もよく読まれています。

未来を決めるために使命を意識する

やはり、何を目的に生きるのか、意識しておくことは大切ですね。

“使命”と言っても良いですし、それをビジョン化したものは“ゴール”という言葉になります。

もし、あなたが何か過去の記憶でどうしても嫌で仕方ない思い出があるとしたら、未来の設定を変えることでその影響を薄くして、消してしまうコトもできます

あなたの理想の生活はどんなものですか?

この人生で達成したいことは何がありますか?

あなたの使命は何ですか?

そのゴールはどんな状態ですか?

それを具体的に決めていくことで過去さえも変わっていきます。

いつだって僕らの可能性は無限大です。

どこまでも、自由な世界を楽しんでいきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

水が変われば人生が変わる

あなたの人生を7割変えてしまうかもしれない語られないお水の秘密を知りたくありませんか?

7割というのは、人体における水分の量。

この体を構成しているお水の性質がガラリと一変してしまうとしたら、あなたの人生は今まで以上のモノになると思いませんか?

健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉の通り、僕らの体と心は密接に結びついています。

体を構成している水を変えれば、体が元気になって気持ちも変わり、ひいては人生そのものが変わっていく

その常識を超えた水の秘密をこのメールセミナーでお伝えします。

上のボタンをクリックして、お名前とメールアドレスをご入力ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2018 All Rights Reserved.