2018/02/18

病氣と健康という二元論から抜けてパフォーマンスを高めるには?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

今の健康情報は浅い話が多い、より健康に生きるために本質を見抜こう

先日、お塩に関する情報を
ブログでお伝えしました。

かなりのご反響を
いただいていて、、

直接的ではないですが、

お塩が体に必要な理由と
関係している記事が

facebookで29件
シェア
されています。

画像をクリックするとその投稿に飛びます。

めちゃくちゃ注目度
高いようです。

今、一般的に語られている
健康についての話は、
栄養素など目に見える

物質がメインになってて
けっこう浅い話
なんですよね。

だから、

病氣と健康という
二元論から外れることが
できない氣がします。

よく人にも伝える
ことがあって、

「病氣になるのは、
恒常性が働いているからで、

それって健康だから、
 なんですよっ」てこと。

病気はバランスをとる自然な状態、症状そのものが治癒のプロセス

病氣というのは、

崩れたバランスを
どこかで代替している
行為
なんですよね。

だから、

症状こそが治癒の
プロセス
であり、

病氣になるのは自然な
流れでもあります。

なので、

病氣を治そうとしては
いけないんですね。

症状を止めようとするのも
できるだけは避けた方が
賢明です。

(それでも辛い場合は一時的に
医療にお願いして止めることも
僕はアリだと思っています)

自分の体を信頼して、
何のバランスが
崩れたのかを確認して、

そこを整えることに
意識を注ぐ
わけです。

限りなく人生を楽しめる
パフォーマンスの状態、

辛い症状がある
病氣の状態、

これは、

どのレベルでバランスが
取れているかの違いです。

両方とも

恒常性は正常に機能
しているわけなんで、

『健康』であることに

間違いないんです。

そして、

個体の中で如何様にしても
バランスが取れなくなって
くると、

その個体は死んでしまいます。

そのあと、

自然な状態であれば菌や
バクテリアが分解して
土に戻しますよね。

それは、

全体、環境としてバランスを
保つってことです。

つまり、

個体の健康を考えたときには
その個体の中でバランスが
取れていたほうが良くて、

病氣という低レベルな
バランス状態ではなくて、

精妙でさらに安定した
高度なバランス状態
保てば良い、

ということになります。

大きい単位でバランスが
とれた状態よりも、

小さい単位でバランスが
とれた状態の方が、

発揮されるパフォーマンスは
高くなって
いきます。

生命が生命であるための由縁は電氣の流れにある

人の体でみれば、

構成される最小単位は
細胞になります。

細胞の健康レベルを
高めれば全体としても

発揮される能力が
高くなっていくんです。

細胞の健康といえば

化学物質が侵入していない
自然な状態で、

必須脂肪酸やビタミンが
足りている状態です。

でも、

その細胞を作って機能
させるには絶対的に
必要になるモノ
があります。

それはなんだと思いますか?

それは、

電氣の流れです。

お伝えしているように
生命が生命であるためには
電氣の流れが不可欠です。

そして、

電流をスムーズに
するためには、

塩分が必要なんです。

淡水よりも海水の方が
電氣の流れが良いのは

理科の実験などで
やりましたよね。

ということで

前説が長くなりましたが、

お塩についてより深く
知っていただき、

あなたの現実を
バリバリっと3倍加速して
変えていってもらいたいと
思います。

こちらのメールセミナーでは
天然塩と精製塩の違い、

他にも語られない秘密なども
お伝えしています。

以下のリンクから
確認してみてください。

●塩で人生が加速する!?
◆今より元氣になって人生が3倍加速するお塩の秘密メールセミナー

こちらの電子書籍でも語られない健康情報をまとめています。

Kindleunlimitedに登録していれば無料で読めます。iphoneやパソコンにkindleアプリをインストールして読むこともできます。ぜひ、クリックして内容を確認してください。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2016 All Rights Reserved.