好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

熱中症予防は「水」と「塩」、塩を減らすと熱中症リスクが高まる

2018/07/06
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

熱中症予防、氣をつけていますか?

最近、グレープフルーツやバナナに塩かけて食べるのにハマっています。

グレープフルーツを水平に切って、塩をかけて食べる、塩がけグレープフルーツ。

写真はないですけど、バナナも塩かけると美味しいです。

バナナやグレープフルーツなどの果物は、ガイアの水とマルンガイ溶液に漬けておくとエグ味がなくなって一層美味しくなります。

輸入物の果物は、表面に農薬や防カビ剤、中和剤が撒かれているので、それを除去することもできます。

そして、果物の中の水の状態を変化させるので、味がマイルドになるんですよね。

超おススメです。

それは、さておき、最近暑くなってきたので、熱中症の患者さんが増えているようです。

1週間に3,473人の人が熱中症で運ばれる

7月3日のyahooニュースでこのような記事がありました。

熱中症搬送、前週の5倍=3473人、死者3人―総務省消防庁

総務省消防庁は3日、6月25日から7月1日までの1週間に搬送された熱中症患者が全国で3473人になったと発表した。

うち死者が3人出た。搬送患者は前週(6月18~24日)の667人から約5倍に増え、昨年同時期の約2.8倍となった。関東甲信地方が統計史上最も早く梅雨明けし、各地で気温の高い日が続いたことが影響したとみられる。

@yahooニュース

NHKのニュースでは、関東地方では前年の同じ時期に比較して、熱中症で搬送された人の数が8倍だったそうです。

まだ7月に入ったばかりで、暑さも続きそうです。

熱中症対策を意識していきましょう。

熱中症の2大原因、ミネラル不足と水不足

総務省も熱中症予防をしましょうとポスターで呼びかけているようです。

※画像をクリックすると拡大されます。

総務省の熱中症予防ポスター

総務省が呼びかける6つの熱中症対策

このポスターの中で、おすすめされているのが以下の対策になります。

  1. 部屋の温度をこまめにチェックしよう。
  2. 室温28℃を超えないように扇風機やエアコンを使いましょう。
  3. のどが渇かなくてもこまめに水分補給
  4. 外出の際は体を締め付けない涼しい服装で。
  5. 無理をせずに適度に休憩をとる。
  6. 日ごろから栄養バランスの良い食事体力づくりをしよう。

そして、もし、意識がおかしいと感じたり、自分で水をとれないときは、救急車を呼びましょう、と言われています。

熱中症は、氣温が高くなって汗をかき、体の中から塩分と水分が失われることが直接的な要因です。

そのため、野外の暑いところなら、日陰に入ったり、屋内に入ることで少し暑さがマシになります。

そのため、体内から水分塩分が抜けるのを抑えることができますよね。

体を締め付ける衣服を着ていると、熱がこもって、氣温よりも暑さを感じてしまうこともあります。

だから、できるだけ開放的な涼しい服装をしておくのも良いと思います。

当たり前のことですが、僕らは体を動かしていると筋肉が動いて、熱を産生するので体が熱くなります。そして、体温が上がり、冷やすために汗をかくので水分と塩分を失います。

なので、屋外などで肉体労働をする場合は、適宜休憩するのが良いですね。

仕事に集中していると、自分がどれだけ疲れているか氣がつかないこともあるので、1時間に15分は休憩をするなど、定期的に休憩時間を設けるのが良いと思います。

もちろん、水分補給を忘れずに。

自家製生理食塩水を持って外出しよう

関東では梅雨が明けて、本格的に夏が始まったようですが、これだけ熱中症で運ばれている人が多いとすると、8月に近くなるとさらに増えてくる可能性があります。

僕がおススメしたいのは、塩水です。

もちろん、食塩ではなく、できれば天日干しの天然塩で塩水を作ってください。

それを水筒に入れて外出するんですね。

僕はここ4,5年、1日10g以上、食事と別で天然塩を食べていますが、血圧も上がったことがありません。

だから、塩の量を氣にしていませんが、減塩減塩言われている人は、摂る塩の量が氣になると思います。

食事中の塩の量を減らすのに、躍起になっているのに、追加で摂ったら元も子もないじゃないか!

と、思う人もいるでしょう。

そういう人にもお勧めなのが、0.9%の塩水です。

0.9%なので、1Lの水があれば、9g。

500mlなら、4.5gですね。

どうして、0.9%かと言うと、救急車の中や病院でされる点滴の生理食塩水の塩分濃度が0.9%だからです。

生理食塩水

生理食塩水(せいりしょくえんすい)は、体液とほぼ等張の塩化ナトリウムの水溶液(食塩水)。日本薬局方・処方箋医薬品では塩化ナトリウムを0.9w/v%含有する食塩水を「生理食塩液」と定義している。これは、人間の体液とほぼ等張となる食塩水の濃度である。

抜粋:生理食塩水@wikipedia

こちらが、添付文書の抜粋です。

画像をクリックすると全文へ飛びます。

大塚生食注 上記添付文書より 引用

1 .組成
本剤は 1 容器中に次の成分を含有する注射液である。
2 .製剤の性状
本剤は無色澄明の注射液である。
pH    4.5~8.0(規格値)

成分 20ml中 50ml中 100ml中 250ml中 500ml中 1000ml中
塩化ナトリウム 0.18g 0.45g 0.9g 2.25g 4.5g 9g

病院で使われる点滴の中、人間の体液に最も近い状態だとされている生理食塩水にも当然、塩が入っているわけです。

だから、生理食塩水。

しかし、最近は、減塩運動が盛んにおこなわれていて、1日5g未満が理想とか言われています。

そこまでやってしまうと、体内の塩分濃度はかな~り薄くなってくるので、熱中症になりやすくなってしまいます。

そして、熱中症で緊急搬送されたら、救急車の中で点滴をされて、入院中生理食塩水を注射されてるわけですね。

それなら、最初から塩を食べておきましょうよッ!

という話です。

医療の現場でも使われている濃度が0.9%の塩水ってことです。

塩水を飲むのも、ちょっと安心できませんかね?

食塩摂取量が減って熱中症が増えたのでは?

ここに食塩摂取量のグラフがあります。

社会実情データより引用

毎年暑くなってはいますが、昔も猛暑の日もありました。

しかし、熱中症患者が増えているとニュースになっているのは、ここ10年ぐらいな氣がします。

こちらは厚生労働省の統計による熱中症で死亡した人の年次推移のグラフです。

熱中症死亡者数の年次推移(厚生労働省統計情報部資料)

上の食塩摂取量のグラフと見比べてみてください。

完全にシンクロしているわけではないですけど、年代が下がってきて、食塩の摂取量が下がっていくと、熱中症の死亡数が上がってきていますよね。

熱中症の原因は水不足、そして何よりも塩不足にあります。

自家製の生理食塩水をもってグビグビ飲むか、塩を持ち歩いて、水やお茶、食事と一緒に摂ると良いですね。

また、バナナやグレープフルーツなどの果物、スイカやキュウリ、トマトなどの夏野菜は、水分量が豊富でナトリウムと対になるカリウムも含まれています。

なので、お塩と果物という組み合わせは鉄板の熱中症対策になるのでおススメです。

こちらの記事も読んでおいてください。

お水については、こちらのメールセミナーで詳しくお伝えしています。

登録して読んでみてください。水を見る目が変わってきます。

 

主催しているイベントのお知らせ

「病気を治そう」facebookページフォロワー5万人、ブログ「健康のすすめ」管理人の藤原ひろのぶ氏を岡山にお招きして講演会を開催します。

10月7日(日)岡山 「未来を選ぼう」藤原ひろのぶ氏岡山講演会

14時~17時、岡山国際交流センター7階多目的ルーム

facebookイベントページが開きます

↑の画像をクリックすると拡大します。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2018 All Rights Reserved.