エフィカシーを上げることと潜在意識の設定方法

セルフ・エフィカシーってご存知ですか?

日本語で言うと、「自己効力」になります。これは、何かの課題に対して自分ならできるという自信のようなモノですね。

人生で大きなことを為す人や成功する人というのはこのセルフ・エフィカシーが高いです。エフィカシーが高いということは「できる」「やれる」が前提にあるため、途中で投げ出したり止めてしまうことがなくなります。

やり遂げるまで、成功するまで続けられるということなんですね。

エフィカシーを高めるためにどうしたらいいか?

今回はメルマガ特別音声をを聴いた方からのご質問にお応えしたいと思います。

以下、ご質問。

_________________

今月もとっても興味深い音声をお届け下さって、ありがとうございます。

セルフエフィカシーを高めるために「自分との約束を守る」とっても腑に落ちました。

私は友人との関係で、約束を守ってくれない人がいた場合にかなり傷つくのですが(それは今度の日曜どこにいこう、とかそれほど大きな約束とは思えないことです)

それを何度も繰り返されると、自分が軽んじられているような氣がするからなんですね。

でも、それは自分自身に対してもやっちゃいけないことなんだなと思いました。

ただやりたいことがあって、できない事態というのもやはりでてきてしまうんですね。

例えば、私はヨーロッパにできることなら毎年行きたい街があって、年が明ける度に「今年は行く!」と思っているのですが、結局それがもう4年ほど叶えられていません。

そうすると、私の約束を4年ものびのびにしていることになり、「今年もできなかった」と考えることで自分のエフィカシーが落ちてしまいますよね。

この落ちてしまったエフィカシーのケアはどうすればいいのでしょうか?

やはりなんとかしてその街に行くことを達成することでしかケアはできないのでしょうか?

その辺のことを教えていただけたら嬉しいです。

これからも宜しくお願い致します。

目標というか、自分が決めたことが達成できなかったときにエフィカシーをどう保つのか、ということだと思うんですが、そもそもがズレちゃってるかもしれません(笑)。

達成できなかったときのことを考えているので、それは前提条件としても達成できない状態のエネルギーが回ってしまいます。

ゆえに、現実化もしないってこと。

エフィカシーのケアに焦点をあてるというのは、傷がつく前提ですから言ってしまえば守りに入ってしまってるんです。

こういう状況で何にフォーカスすればよいかといえば、どうやってそれを達成するかってことです。

去年できなかったのなら今年、どうやってやるか、そこだけにフォーカスして具体的なイメージをしていけばいいんですね。

やりたいことをどこまで具体的にしているか?

例えばですが、旅行に行くとしたなら、潜在意識の設定をするときにいくらか意識しておきたいことがあります。


・その旅行にかかる費用を具体的に出したのか?

旅行に行く期間、時期具体的に決めているのか?

訪れる場所や一緒に行く人などは決まっているのか?

声に出して宣言しているか?(~ます、という形で)

こんな具合ですね。

そして、よくある質問で何度も見直した方がいいですか?

とか、

寝る前と朝起きたときに見直した方がいいですか?

という質問を受けます。

どっちでもいいと思います。

一度やれば潜在意識は覚えているので、

一度でも大丈夫です。

でも、自分が見て思い返して氣持ちが上がるのなら何度も見返してみると良いですし、繰り返し反復することでインストールしやすくなることもあるでしょう。

大事なのは、自分でやろうと思ってやることで、やらねばならないって義務感を発生させないことです。

あと、今回のご質問では4年間そのプランが伸びているようなので、今も本当に行きたいのかどうかが氣になりますね。

僕らは常に変化していくので、昔やりたかったことを今も同じようにやりたいかというとそうとばかりも限りません。

昔はやりたかったけど今はそうでもないってこともありますし、他にもっとやりたいことが出てくることも自然なことです。

エゴの方は変化を嫌うので昔の夢を後生大事に抱えてしまうってこともやりがちですよね。

自らのアイデンティティを保つためなんですけどね。

それすらも、うっちゃって今やろうと思っていることに全力を注ぐ。

それが、最速で現実を変えていく秘訣な氣がします。

さてさて、

ご質問にストレートに応える形にはなっていませんが、エフィカシーを上げていくにはやろうと思ったことをただやるってことです。

これは、自分との約束を守るということですね。

その結果が望む方向に返ってくればより上がりますけど、何はともあれ、やるってことが大事ですね。

行動が全てだと思います。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

若返りの水の秘密をご存知ですか?

あなたの人生を7割変えてしまうかもしれない語られないお水の秘密を知りたくありませんか?

健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉の通り、僕らの体と心は密接に結びついています。

体を構成している水を変えれば、体が元気になって気持ちも変わり、5歳若返る。

そして、人生そのものが変わっていく。その常識を超えた水の秘密をこのメールセミナーでお伝えします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。