2017/12/25

もっともっと自分勝手に生きる。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

本当に自分勝手なんだからッ!

$健康を高めて若返る 食事と運動で-10才の健幸ライフ 【健康を高める習慣づくり支援】 

あなたは、そう言って
怒られたことはありませんか。

怒られていないにしても

言われたことは
あるかもしれません。

わたし達は本当に
自分勝手な生き物です。

自分が生きていくために
他の命をいただかなければ
なりませんし、

どうしても目先の快楽を
追及してしまいます。

エネルギーが足りないと
言われても

寒ければ暖房を入れ、
熱ければ冷房をつけて
しまいます。

考えるサイズを
小さくしてみると、

人間関係も同じでは
ありませんか。

自らのやりたいことを
他の人のやりたいことよりも
優先してしまいませんか。

わたしも身に覚えが
多々あります。

自分の意見を伝えることに
集中して相手の意見、

相手の気持ちを聞くことを
おろそかにしていないでしょうか。

それは、

確かに自分勝手です。

周りに対してもあまり
いい影響を与えることが
できません。

ですが、

究極の自分勝手までいくと
話は変わってきます。

『究極の自分勝手』

それは何だと思いますか。

それは、

『自分の感情を
自分で勝手にする』

ということです。

少し別の視点から
考えてみましょう。

あなたの今の目的は何でしょう。

社会的に成功したい。

年収1億円稼ぎたい。

理想のパートナーと結婚したい。

一戸建てが欲しい。

そのどれもが素晴らしい
ものだと思います。

ですが、

人生の究極の目的は
何でしょうか。

多くの人が望むもの。

それは『幸せ』
ではないですか。

つまり、

自分で『幸せ』を常に
感じればいいのです。

わたしたちは、
この社会の中で、
価値観を

子どもの頃は、両親の
影響が強いのですが、

義務教育がそれを確固
たるものにしていきます。

そして、

テレビのイメージによって
枠組みが植え付けれます。

『幸せ』とはこういう状況である。

そのように決まった枠組みを
作り上げてしまいます。

一般的な例を挙げると、

会社で良い給料を
もらったり、

独立して高い年収を
稼いだりすること。

30才になる前には
高収入で高学歴の

パートナーと結婚する。

ゆくゆくは一戸建てに住み
子どもを育てること。

夢に向かって貧しくても
努力し続けること、

などもありますね。

しかし、

このような枠を
決めてしまうと、

外れることに恐怖を
感じるようになります。

その枠の中に
いる時でさえも、

いつか

この『幸せ』がなくなって
しまうのではないか。

そう思い、

不安になってしまいます。

しかし、

その不安、その恐怖は

外から与えられた
ものではありません。

すべて自分の価値観が
作り出したものですよね。

つまり、

『幸せ』とは
こういうものだ、、、

こうあらなければならない、、、

というあなたの考えが
作り出したものなのです。

ということは、、、、

『幸せ』になるのにも

理由はいらないと
思いませんか。

あなたが今幸せと
感じてしまえば、

それが幸せになるのです。

湯ぶねに浸かって、

「あ~気持ちいい」。

美味しいものを食べて

すげー、うまい!!

仕事から帰った後に
パートナーと子どもが
待っていてくれる。

それだけでも十分
だったりしませんか。

実際、

日本で暮らしている限り、
衣・食・住の環境は

かなり整っていると
言っていいでしょう。

五体満足な人なら、
選ばなければ食べて

暮らしていけるだけの
仕事もあります。

障害や病気を持って
生まれたとしても

それを補う社会基盤も
今のところ他の国に比べれば
かなりマシだと思います。

そして、

突き詰めて考えると

自分の意思で自由に
動くことができる
毎日を過ごしている。

それってかなり幸せな
ことではないでしょうか。

太陽が昇らなかった日が
ないようにあなたが
生まれてきてこの方、

あなたの意識があなた以外に
使われたことがありますか。

つまり、

『究極の自分勝手』とは、

今この瞬間が幸せだ!!

と、

自分で勝手に感じることです。

そこまで勝手に生きることが
できればどうでしょう。

周りがなにをしていても、
どんな状況になっても、、、。

自分は幸せ。

それを感じることが
できれば自分以外の

全てを受け入れる
ことができます。

言うことを聞いて
くれない部下に

悩まされる必要も
ありませんし、

自分の給料が低いと
嘆く必要もありません。

思いを寄せる異性が
振り向いてくれないと
しょげる必要もありません。

そして大切なのは
『必要ない』というだけで、

やってはいけない
ということではありません。

悩んでもいいし、嘆いてもいい、
しょげかえってもいいのです。

それをやっている間も幸せを
感じることができるから。

好きで悩んで、

楽しく嘆いて、

笑ってしょげ
かえればいい。

もっともっと自分勝手に
生きてみませんか。

わたし達はそこまで自由に
生まれてきています。

本当に素晴らしい
世界に感謝です。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World Party , 2013 All Rights Reserved.