好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

『禅』の思想から見る理想の生き方。思考から離れて感覚を大事にして、感性で生きる。

2018/07/02
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

最近、Facebookの投稿や
イベントで座禅をする会を

パッと見かけたので、
少し考えてみました。

個人的に座禅をいつも
実践しているわけでも

学んだわけでもないので、
極私的な考察です。

、、、、あしからず。

座禅、

結跏趺坐(けっかふざ)や
半跏座(はんかざ)など
座り方もそれぞれありますが、

簡単にいえば、あぐらを書いて
じっと座っているというものです。

そして、

よくあるイメージですが、
和尚さんが座禅をしている方の

後ろを歩き、時々、肩を
木の板で叩きますよね。

この木の板を

警作(けいさく)

と呼ぶそうです。

どんな時にこの警作が
振り下ろされるかが
とても興味深いです。

身体を動かしたり、雑念を
想い浮かべたりすると

『喝ッ!』

と振り下ろされる氣がします。

一説によるとある修行の中では
『思考』が入りこんだときに

喝ッ!

と警作で叩かれることがあるそう。

思考が入りこむというのは
どういうことでしょうか。

例えば、座禅をしている最中に
お腹が空いて、グ~ッと鳴っても
警作で叩かれることはありません。

しかし、その時に、

『お腹が空いたなぁ~』と

考えてしまうと

喝ッ!

となるわけですね。

思考というのは言葉が
頭の中に入りこんだ時
なのかもしれません。

言葉は次なるイメージを生み、
それを言語化して、更なる
イメージに繋がります。

しかし、

言葉を連ねるほどに、
物その物からは遠く離れて
いくことになります。

例えば、机の上に
リンゴがあるとします。

リンゴを知らない人に
伝えることを考えてみると

そのリンゴを指さすなり、
手で渡すなりすれば、

リンゴその物を人に伝える
ことができますよね。

しかし、それを言葉にすると
中々難しい
ことが分かります。

赤くって、丸くって、

真ん中にヘタがあって、

清々しい香りがして、

、、、、、、、、。

色を言葉にしたり、

形を言葉にしたり、

匂いを言葉にしたり、

それは、リンゴそのもの
ではないのですね。

そうこうしている内に
リンゴを知らない人は
尋ねてきます。

えっ、丸いって
どれぐらい?

ヘタの位置を
具体的に教えて?

清々しい匂いって
みかんと比べてどう?

これらの質問に
答えていくと

ドンドンドンドンと

リンゴから遠ざかって
いくのが分かりますよね。

言葉は文化や社会に
繋がっているので、

言葉にするとモノの
本質と離れてしまう。

これは1つ重要な
ことだと思います。

しかしながら、

人に何かを説明するときに
言葉はとても大切なものです。

言葉を使うことが
悪いわけでもありません。

それでも、

言葉によって往々にして
迷路に迷い込んで
しまうことがあります。

それは、

自らの感覚や感情、

自分が感じたものを
そのまま受け入れる

ことができない時です。

感情や感覚というのは、

バッと感じるもの、

与えられるものなので、

それを言葉になおすのは
本当はとても大変です。

そして、

言葉を連ねている内に
本来感じていたものから

遠のいてしまい、
分からなくなってしまう。

言葉というのは情報を
固定していくのですね。

一言、一言、述べる度に

コンクリートで壁を作って、
道筋を示していくようなものです。

それは、目的を持って、
他の人に提示するために
用いるのは有効ですが、

自分の進みたい方向に
あえてコンクリートで

壁を作って固めてしまうと
なかなか難儀ですよね。

分かりやすいところで、

『食事』なども

この傾向があります。

例えば、食事を食べるときは
本質的に体が栄養を求めている時、
つまり、お腹が空いたときです。

ですが、現代では、、

朝起きたら朝ごはん、

12時になったら昼ご飯、

夜になれば晩ご飯、、、

と、

思考で食事をすることが
ありますよね。

そうなると、

座禅をしているとしたら

喝ッ! と

警作が振り下ろされて、

バシッ! と

なってしまうわけです。

言葉、思考は集合意識の
影響も強くなる、というか、

集合意識そのものでもあるので
意識せずに使っていれば、

過去(便宜的に)の流れも
踏襲してしまいます。

思考よりも感覚に
重きを置くこと。

そうすると新たな流れを
素直に感じることができて、

その時代に適した動きを
とれると思います。

感覚を大切にすると、

『今ココ』に

生きやすいと思います。

思考も大切ですが、
時には手放す。

その柔軟性も大切ですよね。

 

主催しているイベントのお知らせ

「病気を治そう」facebookページフォロワー5万人、ブログ「健康のすすめ」管理人の藤原ひろのぶ氏を岡山にお招きして講演会を開催します。

10月7日(日)岡山 「未来を選ぼう」藤原ひろのぶ氏岡山講演会

14時~17時、岡山国際交流センター7階多目的ルーム

facebookイベントページが開きます

↑の画像をクリックすると拡大します。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2015 All Rights Reserved.