この世界に働きかける重要性。やってみなければ分からないなら、やるしかない。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

自分の影響力を
過小評価していませんか。

セルフエフィカシー、
自己効力の話とも
関係してきますが、

モノゴトや他の人に
対していかに働きかけを
するかということが

すべての結果に
繋がってきます。

一般的な話ですが、

多くの人がやる前から

やっても無理、
自分には無理だと

決めつけて
しまっています。

やってみたら上手く
いくこともあるだろうし、

案外スムーズにコトが
運ぶかもしれません。

やってみなければ
分からないのに、

やる前から
諦めてしまう。

それは非常にもったい
ないことです。

自分が観て感じている
世界というのは、

自分の認識の中に
しかありません。

そのため、

この世界の主人公は
他の誰でもなく、

自分以外には
存在しない。

自分が動いて、

世界に働きかければ
その時点ですでに、

今までになかった
世界に変化している。

それにつられて、

結果がやって
くるんですね。

この世界に肉体を
持ってあるということは、

働けよ、という
ことでもあります。

体を動かすのも
そうですが、

言葉を使うのも
そうですし、

想いを飛ばすのも
そうでしょう。

本当に役割が
無くなれば

肉体を卒業して
死ぬわけですから。

生きている間は

安心して働きかけて
いきゃあ良い、

という話ですね。

サボらずに働き
かけていきましょう。

働き過ぎたら休憩もしましょうね^^

 

西日本豪雨の被災地で復興作業中の熱中症を防ぎたい!

クラウドファンディング挑戦中、シェア拡散お願いします。

まずは下の画像をクリック。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2018 All Rights Reserved.