仕事も遊びも本氣でやるからこそ楽しくなる。『仕事 = 遊び』という感覚を履き違えないために。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

仕事と遊び、
繋がってますか?

新幹線や飛行機の
路線も整備され、

海外も近く感じる昨今。

インターネットでは
世界中の情報を閲覧できて、

重要だったり役に立つ
情報はひとりで各国の言語に
翻訳されたりしています。

まさに、
ボーダーレス。

境界がなくなる時代に
なってきていますよね。

それは、

物理的な所だけではなく、
生活における
すべての部分で

そうなってきている
氣がします。

例えば、

人生における分野でも
垣根がなくなっている。

仕事も遊びであり、

遊びも仕事に繋がる
感覚がありますよね。

かなり前ですがyou tubeの
プロモーションがありました。

『好きなことで、生きていく』

これは、まさに

今の時代の集合意識的な
欲求を端的に表現している
のではないでしょうか。

ただお金を稼げばいい、
というわけではなく、

趣味をするために
自由な時間を犠牲にして
仕事をするわけでもなく、

好きなことをして、
稼ぎを得て生活する。

今現代の社会は

そのような生活を
多くの人が目指そうと

している状況にあるの
ではないでしょうか。

なので、

仕事 = 遊び

という価値観も
割合受け入れやすいの
だと思います。

なんですが、

ちょっと捉え違い、
というか

意識が甘い人も多いです。

それは、

仕事という言葉が持つ
ハードな固い感じ、

遊びという音に含まれる
ソフトで軽やかな感じ、

その両方を現状の自分に
都合よく合わせて

お茶を濁してしまう
ことがあるからです。

仕事も遊びも本氣で
やるからこそ、

楽しさが増していくわけで

それができてこそ

仕事 = 遊びという
感覚が成り立つと思います。

それは、

何もいきなり高度な
技術をマスターしなければ
ならない訳ではありません。

その時にできることを
やるべくしてやる、

それを重ねていけば、
知らないうちに必要な
技術は身に着くもの。

がむしゃらな努力ではなく
ただ本氣で在るということ。

必要なこと、

できることを

丁寧にやる。

意識を向けてやる、
心を込めてやる。

そうすれば、

必ず得られるものが
あります。

 

仕事 = 遊び

といっても

遊びは行為そのものが
楽しければそれで

オッケーですが、

仕事の場合は行為
そのものも楽しくて

結果が返ってくるのが
ベストです。

いただける報酬なり、
お給料なり、

増えればさらに
楽しくなります。

そのお金をうけとる
意識も大事ですね。

何にしても、

この世に生まれて
きたからには

全てを楽しむ
権利があります。

仕事も遊びも楽しんで
いきましょう。

 

西日本豪雨の被災地で復興作業中の熱中症を防ぎたい!

クラウドファンディング挑戦中、シェア拡散お願いします。

まずは下の画像をクリック。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2018 All Rights Reserved.