2017/12/30

Let’s ポジティブという病。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

辛いときも無理してポジっていませんか?

ポジって、

って

ポジティブに振舞って、

ってことです。

超テキトーな造語なので
氣にしないでください(笑)。

そして、

キャッチーな感じで「病」
という言葉を使っていますが、

別に疾患でも何でもなく
何ら深刻なことではないんで、

ご安心をー。

昨日ちょっと人とお茶してて

「世の中にはポジティブしか
ないですからッ!」

と頑張っている人がいた、
という話を聴きました。

それを聴いて

確かにそうなんだけど無理して
ポジティブにしてると辛くなる
こともあるんだよね~、

と思いました。

実際に自分の経験から
なんですが、

生きていればショックな
出来事も起こるもんです。

こないだのAmazonレビューの
件もそうだったんですが、

(まぁ、大した話では
ないんですが)

その現象を観て感じた氣持ち、
その感情は確実なモノ。

そこに蓋をして無理やり
元氣出す必要は無いな~、

思います。

それやっていると、

知らない間にストレス
溜まっちゃうし、

ず~っと継続して
やりまくってると

自分の感情とか感覚すら
分からなくなってしまう
こともありますよね。

そして、

どこかで潜在意識が
強制終了をかけてくれる
ことになったりします。

強制終了ってのは、

病気や何かでぶっ倒れたり、

急なアクシデントでにっちも
さっちも行かなくなる状況、

ってことですね。

休むしかない、

今やっていることを
止めるしかない、

ような状況になる
んですよね。

そのお知らせというか
メッセージって

結局、

自分に素直に生きなさいよ~
って超シンプルなモノ。

だから、

辛い時は辛い、

悲しいときは悲しい、

元氣出ないときは
元氣出ない、

ってことを認めて、

それはそのまま表現したら
良いんだな~、と思います。

例えば、

こないだ出している電子書籍が
辛口レビューをもらったときも、

ショック(;゚Д゚)!

ってシェアしたら、

色んな方々から励ましや
共感のメッセージももらって
めちゃ嬉しかったです。

中には、

こんな励ましのお便りも
いただきました。

________________

片岡さん、本売れまくっている
ようでとっても羨ましいですー!

でも前からブログをよみながら
「これはとってもお金になるのにな」
と感じていたので

起こるべくして
起こってるなあと思います。

上から目線かもで恐縮ですが、
20年近くライターをやってる

私から見ると片岡さんは
文章がお上手です。

波動が似ているから理解しやすい
というのもあるのかもしれませんが

とても分かり易く頭に
入ってき易い文章で、

それはすなわち文章力の高さです。

出版された3冊の本を
読んで思ったのですが、

やはり文章が得意な人、
得意でない人というのがいて、

ブログから本を出したいというのが
夢な人は沢山いるだろうけれど

誰も彼もが片岡さんのように
本を出版して成功できるわけ

ではないだろうなと
考えていました。

でも波動さえ合ってしまえば、
文章の良し悪しなどは評価の

対象として頭にのぼらないの
かもしれないとも思いますー。

Have a Nice week!!
____________________

ありがとうございますー、
めちゃ嬉しいっス(/ω\*)照

僕のメルマガ読んで
くれている方なので、

贔屓目に見ていただけてるん
だと思うんですけど、

こういうメッセージ
もらえると、

活力もらえますよね~!

自分が提供している価値を
再認識できる瞬間ですし、

お~、明日もやろう!

みたいな意氣込みも
湧いてきます。

他にも多々嬉しいお便り
頂いたんですが、

それって落ち込んでますって
ことをそのままシェアしたからで。

辛口レビュー付いたけど
これもポジティブな結果
だから、

有りっすよね~、

と空元氣だけ出してたら

もらえなかったと
思うんですよね。

僕らって人と人との
関わり合い、関係性の中で
生きているので、

浮き沈みがあっても、
それをシェアすることで

お互いに影響を与え合う
ことができます。

それ自体が素敵なコト
だなぁ、と思いますね。

ででで、

ここからが
主に伝えたいところ。

得られる感情はコンディションや状況によって変わる

「Let’s ポジティブ」

みたいに辛い時も
苦しい時も

やってしまって
ストレス溜めちゃう
原因ってのもシンプル。

その原因というのは、

それは出来事、起きた現象、
起こっている現象

自分の感情を一緒くたにして
しまっているってことです。

味わう感情ってのは、

体のコンディションによって
変わってきますし、

僕らは螺旋のスパイラル、
周波数の振幅の中で活動
していますので、

変化の中をたゆたっている
のが通常です。

潮の満ち引き、

月の満ち欠け、

息を吐いて吸って、
呼吸をしているように、

氣持ちの浮き沈みってのは
あるもんなんですよね。

感情も周波数です。

だから、

リラックスできてて
快調モードと、

落ち込んでる時の
ダウンモード、

その時自分が発している
周波数も違います。

だから、

見て触れるモノ全て、
人との出会いも全て、

変わってくるんですよね。

それは、

自分の世界を拡げる
きっかけになったりしますし、

他の誰かの世界を拓く扉に
なることだってあります。

だから、

落ち込んでたときや
ネガティブになってるときも、

それを表現できるところで、
伝えられる人たちに、

素直に表したら良いんだな~、
と思いますね。

ヒトは足があって場所を
移動することもできますし、

感情があって脳波の周波数が
上下することもあります。

しかも、それを自分の意識で
観測して客観的に捉えることも
できるという。

これって超当たり前の
ことなんですけど、

鉱物や植物、他の爬虫類、
哺乳類などの動物から
考えれば物凄いコト。

横の移動、縦の変化、

両方できるって生物的に
すごいんですよね。

そのカオスな混じり合い
の中でクリエイティビティが
高まり、

進化のスピードが
上がるんですよ。

だから、

感情は感情としてそれを
尊重するのは大事ですよね。

そして、

起こる現象は抽象度を
上げて捉えていく。

そうすれば、

出来事は全てポジティブな
モノとして観ることができます。

まとめると、

自分の感情は
自分のモノとして、
素直に受け入れて、

出来事は自分自身の
視点だけではなく

客観的に理性的に
判断していけば良い

ってことになります。

そして、

最後になりますが、

今回僕が一番伝えたい
ことというのは、

コレ。

おれを~


※スラムダンクの福ちゃん、バスケそんなに
したことないですけどスラムダンク世代です。

お後がよろしいようで~(´∀`)
チャンチャン♪

 

西日本豪雨の被災地で復興作業中の熱中症を防ぎたい!

クラウドファンディング挑戦中、シェア拡散お願いします。

まずは下の画像をクリック。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2017 All Rights Reserved.