リア充であれ。自分自身をごまかして偽りの満足に浸るのを止めて、現実をきちんと体験する。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

スピリチュアルに傾倒する人の多くが目の前の生活から目を背けがちになる

一般的な話ですが、

スピリチュアルな本を読んだり、
潜在意識の勉強をしたり、

引き寄せの法則を学んだりして、
頭の理解だけで終わっている時、

現実は苦しい状況であるにも
関わらず自分をごまかして

これで良いんだ、と

思い込んで前を向くのを
止めてしまう
ことがあります。

パートナーとの
関係で傷ついたり、

お金の問題で
苦しかったり、

家族関係で辛い
思いをしていたり、

仕事で体と心を削って
体に不調をきたしたり、

そういった経験、

大変な思いを
しているのに、

これで良いんだ、と

思い込もうとする。

現状に満足することは
非常に大事ですが、

上っ面だけで
満足していても

現象が変わることは
ありません。

上記のような状態は、

結局のところ、

現状を見て見ぬふりを
しているということ。

実際に承認している
訳ではない
のです。

臭いものにフタを
するように

見たくない現状から目を
背けてしまうのですね。

それで、

満足している
フリをする。

それは、

強がりです。

潜在意識の活用や
引き寄せの法則、

スピリチュアルな真理、

そのどれからも、

かけ離れる
ことになります。

苦しいときは逃げても良いけど、嫌な出来事から目を背けない

何故かというと、

自分自身の現実を本当の
意味で体験していない、

から。

潜在意識の自分、
ハイアーセルフは、

様々な体験を通じて

今までの人生において
出来てしまった不要な

エゴに氣付かせて
くれようとします。

体験をするからこそ、
氣付くものがある
のですが、

現実に現れているのに
その現象を受け入れないと、

氣付きをなかなか
得られません。

もう、これで良い、と

偽りの仮面を
かぶっても、

その下の表情は
冴えないでしょう。

体験をきちんとする、

というのは、

自分の感情を認めて
それを味わう、

ということです。

そして、

それをきちんと表現する。

その一連の流れが
あるのです。

現実に何かしら
感情がネガティブに
動かされることがある、

それは、

自分自身にエネルギーが
付加されている状態。

自分にエネルギーが
付加されているのに、

それを受けようとしない、

受けても流すことをしない、

体験をきちんとしない
というのは
こういうことです。

エネルギーを受けてるのに
それを認めようとしなければ、

もっと強いエネルギーを
送ってきてくれます。

今起こっている現象が
加速するということです。

そして、

エネルギーを付加
されているのに氣付き
受けいれたとしても、

それを流すことを
しなければ、

付加がかかりすぎて
潰れてしまいます。

先延ばしにすればするほど、
付加は強くなるので、
より強い現象が表れます。

物質になる前の高次の
エネルギーの世界と

この物質世界である
現実とは必ず
一致しています。

自分自身をごまかして

偽りの満足に安住せずに、

リアルな生活も充実する
ように現実に働きかけるのが
大切なんです。

 

リアルに充実を
していることを

『リア充 (りあじゅう)』

と言います。

まさに、

リア充であることが重要ですよね。

 

西日本豪雨の被災地で復興作業中の熱中症を防ぎたい!

クラウドファンディング挑戦中、シェア拡散お願いします。

まずは下の画像をクリック。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2018 All Rights Reserved.