好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

世にも恐ろしい「経済的自由」の勘違い。お金に追われる理由はコレだけ。

2017/10/31
WRITER
 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

経済的自由について勘違いしていませんか?

勤務時間が長くって
家に帰るのは日が
変わるころ、

休日出勤もあるし、
せっかく建てたマイホームに
いられる時間よりも

圧倒的に会社にいたり、
仕事で外に出ている
時間の方が長い、、、

休みの日も

疲れているので、
体力回復のために

ほぼゴロゴロ
しているだけ、

好きな趣味に費やす時間も
仕事を始めてからめっきり
減ってしまって、、、。

いつも同じ毎日の
繰り返しだし

前向きな出会いもなく
パートナーに恵まれない、、、。

自分のやりたいコトを
やろうと意氣込んで
会社から独立して、

事業を始めたはいいものも
経費ばかりかさんで、
売り上げがでない、

貯めていた貯金も底を
つきそう、、、。

そんな状況にあれば、

経済的自由という
言葉に憧れて、

自分の時間を使わないで
お金を稼げる不労所得

良いなぁ~、と

思ったりします。

そもそも、

不労所得というのは、
エネルギーのレベルで
みれば、

あり得ないのですが

経済的自由というのは
あり得ますよね。

自分のやりたいコトが
金銭に左右されることなく
なんでもできる状態。

それが、

経済的自由でしょう。

これは、

とても素晴らしいと
僕も思います。

ただ、

多くの人が勘違い
しているポイントが
あります。

経済的自由に
ついての勘違い。

経済的自由の勘違いとは、向き合い方である

僕もまだ一般的な人が
イメージする

経済的自由を得ている
わけではないので、

想像になりますが、

恐らく、

実際に達成している人は
勘違いをすることなく、
観られていると思います。

だから、

その勘違いをなくすことで
お金の循環をスムーズにし、

その分自由になる時間も増え、
大切な人と一緒にいる時間や

好きな趣味に没頭するコトも
できるようになります。

その重大な勘違いは、
ベクトルの向きが180℃
変わってるので、

経済的自由を目指そうと
すればするほど

それとは逆向きに
エネルギーが働いてしまいます

そして、

面白いことがあります。

これは、

得ているお金に限った
ことではないのです。

収入がいくらあっても、
貯金がいくらあっても、

仕事で時間が束縛されたり、
お金への執着が湧いて、

不自由な生き方しか
できなくなることが
あるからです。

これも、

経済的自由の捉え違い、

その勘違いから
起こる現象です。

その勘違いとは、

経済的自由

経済からの自由

と思いこんでいる
というコトです。

経済というのは、

現在のお金を使って
主に価値交換を行う
社会のことであり、

資本主義経済のことです。

その仕組みの中で
自由で在る
こと。

それが、

経済からの自由です。

この場合、

個というワタシは
経済システムの中に
存在するので、

その中でいくら
自由であっても、

そのシステムに変動が
起こればそれによって、
動かされ、踊らされ、

自分本来の意図よりも
経済を牛耳っている
人達の意図によって

行動することに
なってしまいます。

経済からの自由、

これを

イメージしてみると、

自分が経済に
追いかけられている

というイメージです。

この場合の主体は誰か?

それは自分ではなく
経済なんですね。

だからいつまで
経っても、

本質的に自由でいられる
ことはありません。

ほとんどの人が
勘違いしているのが
コレです。

では、

本来の

経済的自由

とは何か?

あなたは、

何だと思いますか?

、、、

それは、

経済への自由です。

経済からの

自由ではなく、

経済への

自由なんです。

社会の経済システムに
自分から介入することが
できるよ、

というコトです。

これの何が
重要かというと、

主体が自分にある
ということです。

イメージにすると

自分が経済を追う
イメージになります。

だから、

経済的自由というのは、

経済に参加しても良いし、
参加しなくても良い、

それを自ら選べる
というコトです。

お金をどこに向けるのか、そのベクトルが重要

経済とひとくくりに
してしまって、

それに参加しないと
言ってしまうと、

完全自給自足でお金を
使わないで生活するの~、

と思ってしまいますが、

経済というのはミクロ
レベルでも考えられます。

例えば、

八百屋さんは農家さんと
繋がって野菜が流通する
経済が成り立っていますし、

おもちゃ屋さんなら、
おもちゃのメーカーと

通じていてまた違う
経済圏になりますよね。

つまり、

自分が好むところへ
自由にお金という

エネルギーを注げる
ということなんです。

それが、

経済への自由。

経済的自由という
言葉は完全に1人歩き
しているので、

自分自身で理解して
インストールする
必要があります。

言葉をどのように
捉えるかで、

イメージは完全に
変わってきます。

そして、

人は抱いている
イメージによって

自動的に進んで
行きます。

潜在意識のハタラキ

ですよね。

その超絶的な
パワーを使って

自分好みの世界へ
発進するには、

世界の認識をそれに
沿わせる必要があります。

好きな時に

好きな人と居られて

行きたいところに

行きたいときに行けて、

やりたいときに、

やりたいことできて、

いつでも、

欲しいモノが手に入る。

そんな、

豊かさに溢れる
現実をあなたも確実に
創造
できます。

経済的自由を

求めるのは止めて、

経済への自由を意識
していきましょう。

意識していれば、

結果として、

その現実が表現
されていきます。

自分自身が
如何にハタラクか、

それが大事ですね。

お金の自由度をガンガン高める
内容
をこちらの電子書籍で
まとめています。

今回の記事を読んで視点が
変わった、面白かったという方は
内容を確認してみくださいね。

下のリンク、画像をクリックするとAmazonに飛びます。
お金のベクトルお金のエネルギー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

水が変われば人生が変わる

あなたの人生を7割変えてしまうかもしれない語られないお水の秘密を知りたくありませんか?

7割というのは、人体における水分の量。

この体を構成しているお水の性質がガラリと一変してしまうとしたら、あなたの人生は今まで以上のモノになると思いませんか?

健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉の通り、僕らの体と心は密接に結びついています。

体を構成している水を変えれば、体が元気になって気持ちも変わり、ひいては人生そのものが変わっていく

その常識を超えた水の秘密をこのメールセミナーでお伝えします。

上のボタンをクリックして、お名前とメールアドレスをご入力ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2017 All Rights Reserved.