壁にぶち当たることはネガティブorポジティブ?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

壁にぶち当たることはネガティブなのか?ポジティブなのか?

壁にぶち当たることは
ネガティブ、ポジティブ、

どっちだと思いますか?

ビジネスでも趣味でも
何でもそうですが、

壁にぶち当たってしまう
ことがあります。

やってても上手くいかない、

やり方が分からない、

氣持ちも盛り上がらなくて
ショゲかえってしまうみたいな

壁にぶち当たってしまった|゚Д゚)))

みたいに感じる
こともあります。

もちろん、

上手く行っていないので
結果をみれば良い結果とは
言えないわけですけども、

観方を変えれば

壁にぶち当たることも
ポジティブなものだと
捉える
ことができます。

それは、

何故かというと、、、

どういうことが
できていないのか、

分かるからです。

つまり、

改善点を意識することが
できる
ってことですね。

壁にぶち当たるってことは
ヤバイほど上手くいかない
ってことなので、

方向を修正せざるを
得ない状態になります。

それは、

正に、今のやり方を変えろッ!

ってメッセージでもあるので、
出来てない部分を修正したり、

より伸ばせる部分に焦点を
充ててそっちを伸ばしたり
と、

意識することができますよね。

なので、

壁にぶち当たるってことは
一見するとネガティブな
出来事なんですけど、

それはステップアップして
新たなステージに上がる
チャンスでもあるわけです。

だから、

壁にぶち当たるような出来事も
長い目でみればポジティブに
なる
んですよね。

失敗しないまま事を続ける方がヤバい

となると、

壁にぶち当たるよりも
マズいことというのも

自然と分かります。

それは、

「やらない」

ということ。

実践しなければ失敗はない、

壁にぶち当たることも
ないわけですよね。

でも、

氣づきやチャンスもなかなか
得ることができません。

失敗したり、
壁にぶち当たることの
デメリットって

一時的な氣持ちの問題
だけなんですよね。

動かず実践しなければ
ショックを受けずに
済むんですけど、

新しい道筋も分からない、

ってこと。

時として

動かないという選択も
効果を発揮しますが、

それはすでに影響力を
強く持っていて

動かないことがメッセージに
なるようなケースです。

普通にビジネスをやる分には
動いて動かしていくことが
大切ですよね。

これは結局、

スピードの話になって
くるんですけど、

今の時代、これから
特に重要になってきます。

如何にスピーディにコトを
進めて実践し、結果を確認して、

そこから修正、改善していくか
ということですね。

そのサイクルを
如何に速く回すか、

が大事だと思います。

そういう意味でも

個人でビジネスをするのは
時代にも適している
氣が
しますね。

完璧主義を止めて足回りを
速くしていきましょう。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2017 All Rights Reserved.