どうして過去のトラウマが今の選択によって解消されるのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

トラウマってあるの?ないの?どっちなの!?


アドラー心理学を対話篇で
解説している良書、

『嫌われる勇気」。

※画像をクリックするとAmazonのページに飛びます。

この中でも、

トラウマは存在しない、

ということに
触れられてます。

これって一般的な認知の
仕方だと解釈が難しく
感じるので、

ちょっと解説してみようと
思います。

トラウマ=心理的トラウマ、過去の体験による行動制限を表すことが多い

まずは、

トラウマ、

これは元々外科の用語で
外傷という意味。

でも、

ちょっと前に、

「心理的トラウマ」
という言葉が有名になり、

(何かのドラマでも
使われていた氣がする)

一般的に「トラウマ」と言えば、

過去に受けた心理的な傷、

もしくは、

それに付随して

トラウマによって
起こる症状のことを
言っていたりします。

で、

今の一般の認知としたら
基本的にトラウマというのは
心理的な傷であり、

無意識、潜在意識に刻まれた
過去のショック体験に
基づく記憶(データ)
になります。

だから、

トラウマがある人はある、

それはある、

わけです。

脳の記憶ではなくて、
細胞の記憶に刻まれている
わけなんですね。

ちなみに

腰の深部にある大腰筋に
溜まっているという
説もあります。

それを解放するTRE
というエクササイズとかも
ありますよね。

では、

アドラー心理学を対話篇で
説いた本の嫌われる勇気では、

「トラウマは存在しない」

と言っているのはなぜ??

(´・ω・`)??

ってことになります。

ここからが、

オモシロイところ。

これを読み解くキーワードが
1つあって、

それが、

「必要性」

なんです。

そして、

「トラウマは存在しない」

という言葉をもう少し
噛み砕いていくと、

今現在の選択によって
トラウマは存在しなくなる

ということなんです。

それは、

必要性によって表れる
ものなんですね。

何らかのトラウマや
それがもたらす症状が
ある場合は、

そこに何かしらの必要性が
あるからに他なりません。

例えば、子どもでも、

学校に心底行きたくない
という氣持ちがあれば、

実際の症状として発熱や
腹痛なんかが起きたりします。

これは、

良い悪いという判断ではなくて
学校に行かないという選択を
していることによって、

もたらされる反応なんですよね。

作用機序としてそういうことが
あるということ。

学校に行かない、家にいる、

という必要性を担保するために
症状が現れるわけです。

ざっくり言えば、

トラウマもこれと
同じと考えることが
できます。

何らかの必要性、

主に現状からの変化を
無意識で拒んでいる場合、

トラウマ、それに付随する
症状が出てくることになります。

トラウマを解消する根源的な秘訣

そして、

トラウマを解消する
手立てというのは
色々とあると思います。

カウンセリングだったり、
TREだったり、

人と話していてふいに
氣づきが訪れたりする
ことだってあります。

しかしながら、

それらをきっかけにして
トラウマが解消される
のにも、

その前にトラウマを解消する
必要性を自らが生み出している

からに他なりません。

だから、

「今現在の選択によって
トラウマは存在しなくなる」

ということなんです。

なので大胆なことを言えば、

トラウマを解消するために
必要なのは、

「ゴールの設定」

なんです。

今の自分が想像する
理想のワタシ、理想の環境、

状態×状況で表される
「ワタシ」とワタシを取り巻く
人やモノとの関係性ですね。

それを明確に、鮮明に意識して
「ワタシ」は絶対的にそうだ、

という確信を持つこと。

それによって、

潜在意識にスイッチが入り、

無意識的に

トラウマがあると困る
状況が訪れて、

自動的にトラウマが解消
される運びになるってこと
なんですよね。

僕はこの観方に大賛成です。

というのも、

可能性を開く観方、
世界観だからです。 

過去に重きをおいて、
その事実を絶対的に観ていると

未来はドンドンと狭き門に
なってしまいます。

今の選択によって未来が変わる。

ここには過去の出来事や
他の人たちとの関係性は

まったく関係ありません。

今が全て!

という認識ですよね。

これってダイナミック、
ドラスティックで

かなりカッチョ
良いんですよね。

お涙頂戴とか浪花節とかからは
離れた世界になるんですけど、

それはそれで楽しめば
良いんですけどね。

過去パラレルも使えば
圧倒的に速く変わります。

そして、

この考え方、
観方が特に良いのは、

トラウマの原因が何かさえ
知らなくて良い
ってことです。

トラウマ、それに付随する
症状が不要なモノである、

ゴールを達成する邪魔者に
なってしまうということを

潜在意識に分かってもらえれば
その時点でトラウマの原因が
何かわからなくても、

勝手に解消されるきっかけが
生み出されるわけです。

トラウマ解消に役立つ参考記事

こちらの記事もトラウマ解消に役立つと人氣です。

 

理想のワタシ、

ゴールの設定をして、

必要性をガシガシ
生み出していきましょう。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2017 All Rights Reserved.