2018/04/13

ソマチット内カルマ・データの書き換え。壮大な過去の書き換えは今を生きるわたしたちにしかできない。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

結論から入りますね。

過去(体験した情報)というのは
いつでも書き換えることが可能です。

それは、1人の人間、1個の
存在を超えても可能
なのです。

これが、

カルマの解消であり、

カルマ・データの最適化、

ではないかと思います。

わたし達の体内にあるソマチットには
ご先祖様のデータ、生命の進化のデータ、

全てのデータが記憶されています。

そしてその中には俗に言われる
『カルマ』のデータも入っています。

関連記事はこちらです。

●ソマチットには生命の進化の記憶も刻まれている。
ソマチットを通じてご先祖様と一緒に生きている。

カルマとはある特定の人や集団の
行いに対する縁起
だと考えらます。

前回の記事の中で

アルコール依存症や虐待のケースの
ことなども考えてみました。

アルコール依存症になったこと
のある人の親には同じように

アルコール依存を経験している
ことがあります。

また、子どもを虐待する親は
自分が子どものときに親から
虐待を受けていたケースもあります。

これらのことも、1つの
カルマだと考えられると
お伝えしました。

親がストレスを感じた時に、
お酒を頼りにするしかなかったり、

子どもにそのストレスを向ける
ことでしか解消する方法を知らない、

他の方法を採ることができない。

そうなると、

子どももそれを見て育つため、
ストレスに対する対処方法が
同じになってくるかもしれません。

子ども時代の生活も苦しい
ものかもしれませんね。

これは、生まれたあとにその体験を
することで潜在意識へ刷り込まれる、

というのと、

そのような状況になる過去の情報
を先天的に引き受けている、

というのが考えられます。

ですが、結局のところ、

親から子という特定の集団の
行いに対する結果の結びつき、

であり、

カルマと考えられます。

そして、ここで衝撃の
事実を1つ明かします。

それは、

『死んだ人というのは
ソマチットとして生きている』

ということです。

それは魂と言っても
いいのかもしれませんが、

肉体はないのですが、
生きているそうです。

ソマチットとして、

情報として。

このような本もあります。

そして、

今を生きている人とも
ソマチットを通じて、
情報を共有しているのです。

過去はいつでも
今ここで変えられる、

という話をしましたが、

これは1人の人間を超えた
ところでも成り立ちます。

よくある例で恐縮ですが、

小学校の時にいじめられ
ていた子がいました。

いじめはやはり辛いと思います。

その子はいじめられないように
空手を習い始めました。

中学の時はそこそこ、

高校生の時に猛練習をし社会人
になりオリンピック選手になる。

そして、

オリンピックで金メダル
をとったとします。

彼は表彰台に立ち、全世界からの
声援を一身に受けてインタビューに
応えます。

あの時(いじめられた時)、
空手を始めて良かった。

もしかすると、

いじめられていなければ
オリンピックで優勝するという
経験はなかったかもしれません。

過去にいじめられた、

という苦い経験は

オリンピックで優勝した

『今』によって

ありがたい経験に変わる

のではないでしょうか。

これは1人の人で
みたケースです。

ですが、

わたし達はソマチットを通じて
すでに死んでいる人たちにも
影響を与えています。

単純に繋がっていると言った
方がいいかもしれません。

今現在生きているわたし達が
体験している現象、行っている行動、

味わっている感情、それら全てが
ご先祖様にも影響を与えています。

つまり、

ご先祖様の情報も今を
生きているわたし達によって
常に書き換えられている

ということですね。

虐待にしても何にしても
今起こっている現象というのは、

すべてのカルマデータを引き
継がれ起こっていることです。

そこに凝縮されていると
言ってもいいかもしれません。

虐待を受けたという事実は事実。

でも、

親の立場でみると他に自分を保って
いられる選択がなかったわけです。

(あくまでもその時、
その瞬間の話ですが)

それを認めることができて

そして、今生きていて、
すべての可能性を持っている。

やりたいことがある、

何より今に満足している、

感謝しかない。

そのような心持ちであったなら、
そのカルマを継いできた

ご先祖様のデータも書き
変わると思いませんか。

現象を引き起こしていたカルマの
ネガティブさが解消されてフラットな
状態に戻る
のではないでしょうか。

現代のわたし達、日本では特に
『家系』というのが重要です。

系というのはつながりの縦糸、

それぞれの系で引き受けている
カルマがあるのかもしれません。

それは、人間になってから
できたものかもしれませんし、

人間になる前のものも
あるのかもしれません。

家系というのは担当するカルマを
解消するためにある時間を超えた
『超個体』
とも考えられます。

超個体、、蟻(あり)や蜂(はち)
などが分かりやすい例ですね。

超個体@wiki

超個体(ちょうこたい, superorganism)とは、
多数の個体から形成され、まるで一つの個体で
あるかのように振る舞う生物の集団のことである。

通常、同種で構成される個体群やコロニーを
さすが、異種集団を超個体と見なすこともある。

宇宙における人間システム、
非常に興味深いです。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2014 All Rights Reserved.