2018/04/15

四里四方のもの、旬のものを食べる意味は栄養だけではなく未来の情報(気候の変化)を摂りいれること

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

※この記事は2014年7月4日に書いたものです。

トマトが旬ですね。
瑞々しさがたまりません。

ソマチット、テラヘルツ栽培です。

{62BBD6C5-A9BD-41E8-85ED-114355C750F7:01}

旬のものが体に良いことは
皆さんがご存知ですが、

その意味は大きく2つある
ことを知っていますか。

1つは言わずと知れた栄養のこと。

夏野菜についてはこちらの
記事もご参照ください。

●『スイカに塩』はパーフェクトな夏バテ対策。
生きてる水(電子を帯びている水)と電解質の補充。

●【知られざる夏バテの原因】夏バテは『水』と『塩』と
『電気』が足りない!?栄養よりも重要な3大要素

旬のものはビタミン・ミネラルなどの
栄養素がハウスのもの、時期を外れた
ものに比べると多いことが知られています。

そして、もう1つの方も
けっこう重要です。

それが『四里四方』のものを食べるのが
良い
という所以にもなっています。

四里四方のものが良い、というのは、
自分が暮らすところから東西南北に

かけて四里(約16㎞)のものを
食べるのが良いという言葉です。

地産地消にもつながる考え方ですが、
実は健康にも非常に関係しています。

日本は南北に長く、
所変われば品変わる土地です。

そして、品だけでなく、
気候も大きく異なります。

自分が暮らす土地の旬のものを
食べるというのは次の季節の

気候の変化に対して適応する
情報を摂りいれるということです。

台風の多い夏のひまわりは
背が低く育ちます。

それは、夏の前から台風が
来ることを知っているから
わざと背を低くするのですね。

自然は素晴らしいです。

わたし達人間は食物から、
その自然の変化する情報を
摂りいれることができます。

こちらの記事にも詳しく書いています。
一度ご覧ください。

●食べ物から『情報』を得れば病気にならない。
『旬のモノ』と『地産地消』が身体に良い知られざる理由

そのため、旬のもので四里四方の
ものを食べることが大切なのです。

ただ、現在は四里以上の距離を毎日
通勤している方もいらっしゃるので、

もう少し、距離を増やして
考えても良いと思います。

しかしながら、昔の人が言っていることが
今になって科学的に証明できるように
なってきていて非常に興味深いですね。

自分の住む地域、活動している地域で
生産されたモノを消費するというのが、

やはり人間の体にも地球の環境にも
理想的なのかもしれません。

※いつも元氣で前向きに生きていたい方、
お金も含めて豊かさを受け取りたい方、

自分の人生を生きていくと決心した方は、
こちらの記事をぜひ読んでみてください。

ブログランキングに参加しています。

↓ ↓ ↓

このブログを読んでいただいている方と
一緒に内容を高めていきたいと思っています。

この記事が役に立った、面白かったという方、
他の人にも勧めたい、と感じた方は
クリックしていただけると嬉しいです。


1日1クリックありがとうございます。

ランキングのポイントを判断材料の
1つにしたいと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

●若返る人激増中●
◆健康を高めて若返る7つの黄金律 基本ステップメールセミナー

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2015 All Rights Reserved.