2018/04/13

人体にとって炭水化物のニーズは減っていく。ソマチットの構造から見る炭素型社会からの脱却

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

ソマチットは化学的な構造をみると
炭素とケイ素の複合結晶
だそうです。

そして、

そこから今後の人類の未来を
紐解いていくと炭水化物の重要性が
少なくなる
ことが予想できます。

ソマチットは空気中にも、
生き物の中にも人間の体の
中にも存在しています。

そのため、

ソマチットの構造が人間の体や
わたし達の社会の構造を形造る
雛形にもなっていると考えられます。

これはフラクタルという考えで、
部分と全体が自己相似(似た形)に
なっているというもの
です。

 

フラクタル@wiki

フラクタル(フランス語: fractale)は、
フランスの数学者ブノワ・マンデルブロが
導入した幾何学の概念。

図形の部分と全体が自己相似
になっているもの
などをいう。

それを踏まえたうえで続けますね。

現在の社会ではわたし達人間は
ごはん、パン、パスタなどの麺類を
主食として選んで食事をしています。

これらは炭水化物という括りです。

食物でみると、お米、小麦粉、イモ、
トウモロコシがメジャーなところですね。

日本ではお米と小麦粉が
主な主食となります。

余談ですが世界的にみると
実は生産量はトウモロコシ
が一番多いです。

大規模農業のアメリカで
トウモロコシが多く

作られていますし、中南米
でもよく作られています。

話を戻します。

これから食の中心にあった炭水
化物は少しずつシフトしていって
重要性が下がっていきます。

もうすでにその傾向が
見え始めていて、

糖質制限、炭水化物制限を
することで病気が治るという
ことがわかってきたり、

アンチエイジングに効果的
ということが話されています。

こういう本も出ていますね。

現在の栄養学では食事の
バロメーター(指標)を主に
カロリーで測っています。

熱量、ですね。

炭水化物は燃えてエネルギー
になるので熱量が
高いということですね。

油もよく燃えるので脂質
もカロリーが高いです。

しかし、それとは別の観点で
栄養や食事を観ることも大切です。

わたし達人間は電氣で
動いていますよね。

例えば、

今もあなたの心臓はドクンドクン
と鼓動していますが、それは
心臓の筋肉が動いているからです。

筋肉を動かしているのは脳から
発せられる電氣信号です。

その電氣信号が神経を通って
体の各部位の筋肉に伝わり

いろいろな臓器や随意筋を
動かしているのですね。

それでは、物質の中で電氣を
蓄えられるものは何でしょうか。

バッテリーのことですね。

乾電池などをイメージすると
非常にわかりやすいです。

乾電池の中心には
炭素棒が入っています。

炭素は電氣を蓄える
働きがあるのですね。

つまり、わたし達の肉体は
電氣を蓄えるために炭素を
とっていると考えれられます。

炭素というのは燃えると炭、
黒焦げになる物質なので、

もちろん炭水化物以外の
食べ物にも含まれています。

お肉にも、お野菜にも、お魚
も燃やせば黒くなりますね。

というか、

現在の社会の中では炭素は
基本的にほとんど全てに
含まれています。

現代は炭素型社会なのですね。

炭水化物、主食という
のは量を食べます。

これは炭素を体にたくさん
取り込むためということも
あるのかもしれません。

さてさて、ようやく本題です。

現代が炭素型社会だと言いましたが、
実はすでに転換点を迎えて次の時代が
開かれました。

それが何を通じて
分かるかというと、

『ソマチットの結晶構造』

なのです。

ソマチットが炭素とケイ素の
複合結晶だということを冒頭で
お伝えしました。

この結晶の構造が変わったのです。

できている成分は炭素とケイ素、
そこは同じなのですが、、、、

今までは炭素が上になっていて、

(上という表現は少し
不適切かもしれませんが)

表側だったそうです。

しかし、それが変わりました。

2012年にケイ素が上になり、
表側になったそうです。

(上という表現は少し
不適切かもしれませんが)

この世は極小から極大までの
フラクタルとして表現されるので

まだ時間はかかると思いますが、
これからケイ素主体の

世の中になってくるはずです。

これまた非常に興味深い話です。

そのため、

わたし達人間にとっても炭素を
外から摂り入れる必要性が少なく
なってくることが考えられます。

 

 

西日本豪雨の被災地で復興作業中の熱中症を防ぎたい!

クラウドファンディング挑戦中、シェア拡散お願いします。

まずは下の画像をクリック。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2014 All Rights Reserved.