良質な失敗を重ねる大切さ。失敗したときはこう考えよう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

失敗を恐れて動けなくなっていませんか?

何か新しいことを始めるとき、

また、同じことでもスケールが
違うことをやろうとするとき、

ほとんどの人が
失敗するのではないかと

不安を感じることが
多いと思います。

こういうことを書いている
僕もその内の一人で、

何か新しいことに取り組む時は
どうやっていいか分からなくて

不安を感じますし動きが
鈍くなることがあります。

それでも、何とかして
やるわけですが、

その踏ん切りをつけるのに
意識していることを
お伝えしますね。

それは、

失敗は重ねることで価値が
生まれる
ということです。

失敗を積み重ねることで価値が生まれる

何かに取り組んで
上手くいかなかった。

これは、失敗ですが、

そのあとも続けていけば
どうでしょう。

1回の失敗はただの失敗ですが、
10回失敗したならどうでしょう。

そこには何か新しい
学びがあるはずです。

そして、もし100回
失敗することができたら、

その体験談を聞きたい人は
山ほど出てくるでしょう。

一回やってダメだった
体験から修正する何か
見つけて、

次のアクションの時に
変化を加えてみる。

それは、ほんのちょっとした
変化でも十分だったりしっます。

そして、結果を見ながら
ただ回数を重ねていく。

そのプロセスを踏むことで
どんどん価値が生まれてきます。

それを知っていれば、

体では少し不安を覚えても
頭で分かっていたり、

経験することで身につけば、
意識を働かせて行動できる
ようになってきます。

また、

失敗というのは状態の結果が
現れているだけなので、

状態が変われば同じ結果を
得ることはありません。

そのため、

失敗したからといって
人格を否定されるものでも
なければ、

人間性を疎まれることも
ないんですよね。

失敗を重ねることで
価値が生まれ

どこかで成功が
やってきますが、

失敗も成功も自我による

産物です。

3回失敗を重ねて、
4回目に成功すれば、

最初の3回の失敗は
成功体験を生み出す糧
だったということになり、

それは、

成功の階段を登っている
成功体験でもあるわけです。

エジソンもそんなこと言っていますよね(笑)

単発をみて短期的な
観点で捉えれば、

失敗と考えられますが、

長期的な視点で捉えれば
成功としても観れますよね。

そう考えれば、

成功も失敗も自分の勝手な
解釈だと氣づきます。

今の状態の結果として
ただ受け取って、

それを踏まえた動きを
次にしていくだけ。

もちろん、色んな感情を
味わうこともありますが、
それすらも通過点ですよね。

一つ一つの体験を振り返り
修正していけるのなら、

失敗を繰り返すことは
問題ではなくなります。

勿体無いのは、

やりたいことや
やろうと思ったことに

ずっと蓋をして
動かないことですよね。

良質な失敗を重ねて
どんどん行動していきたいと
思います。

 

西日本豪雨の被災地で復興作業中の熱中症を防ぎたい!

クラウドファンディング挑戦中、シェア拡散お願いします。

まずは下の画像をクリック。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2017 All Rights Reserved.