2017/11/08

お金を得るプロセスで執着を外すとはどういうこと?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

お金を得るプロセスでの執着を外すってどういうこと?

メルマガの読者さんからお金を得るプロセスで執着を外すことについてご質問をいただきました。

I.Kさん 40代 女性 兵庫県

■質問・ご相談内容

片岡さん、はじめまして!

つい先日、ブログを拝見しまして
早速メルマガ登録させていただきました。

わたしは自己啓発やスピリチュアルの
いわゆるジプシー状態が続いています。

が、これも過程であるはず!?

わたしなりのやり方を知るための
過渡期なのだ!とも感じていますが…
どうなのでしょうね(^_^;)

質問があります。

潜在意識と願望について、

よく執着を外す、

捨てましょう。

願望を忘れましょう。

と言われますが、
執着を外すことについてです。

わたしの実例なんですが

借金があって毎月一定の額は
払っているがまだ数年残っている。

来月にはまとめて
払ってしまいたいので

(毎月返済のお金を好きな
ことに使いたいから)

具体的な日にちと、その月までに
手元にあるお金、収入を計算して
用意する額を算出する。

で、

必ずお金を日にちまでに
用意しよう!

そして、具体的にお金を
得られそうなことも考えて、
出来ることをやってみる!

と決め、プランを立てました。

このあと、執着を捨てる場合、
この決意を忘れるんですか?

それとも、毎月払えてるんだから、
あえてまとめて払わなくでも大丈夫。

別にまとめて払えなくてもいい。

と、するんですか?

わたしの場合、決意したけど

「叶えなくても、毎月支払えばいいや」

「だから、まとめて払えなくていい」

が叶うんじゃないかって
予感がプンプンしてます(~_~;)

まとまったお金の使い道が
借金返済に使いたいから、、とか
設定の問題もありますか?

実例以外でも

願望を叶えたくて

「叶わなくても別にいいや」と

リラックスしたものの

結局、

「実際に叶わなくても別にいいや」
が叶ってることが圧倒的です。

願望そのものを忘れたり…
でもだいぶ経ってから
願望を思い出して、

願望が叶ってなくて
ガッカリすることも多々。

これは、なんなのでしょう?

「わたしにまとまったお金を
用意することができるはずがない」

という設定をしているからでしょうか。

願望を叶えるのが怖い、とか
願望を叶えてはいけない、とか

よくありがちな
ブロックなんでしょうか。

どうも、このブロックとやらも、
いまひとつ具体的にピンときてません。

「それっぽいブロック」に
気づいたところで、

具体的にお金の流れも変わらない、
現実もかわらないなら、
ブロックではないってこと、、

なのかな、と。

わたしはずっと

お金が足りなくて
我慢ばかりしてきました。

たまに溜まったお金があっても、
気が大きくなってしまうのか?

「何か大したことに使いたい!」

なんて意気込んで使ってしまうものの、
あとから考えると大したことで
なかったことに使ってしまった、と

後悔したり。

組織の中で働くのは嫌いですが
雇われなければお金をえられませんので
パート掛け持ちしてます。

それでも働く時間を制限されたり、
税金や生活費を支払うことばかり増えて、
ちっとも楽しくありません。

思うままにやりたいことをやりたいです。
豊かな生活とやらをしてみたい!

楽しくお金を使いたいです。
楽しくお金を稼ぎたいです。

お金が大好きになりたいです!

質問とズレてしまったような…

以上、よろしくお願いします。

これからも記事、拝見
させていただきます(^ ^)

___________________

執着とは必要なくて他の人にはだれも分からない変なコダワリ

ご相談ありがとうございます。

状況も丁寧に教えていただいて
ありがとうございます。

なんか、色々と(笑)

あるみたいですが、

一番、最初にお話されている
執着という部分について、

執着って、

結局は自分だけの他の誰にも
メリットのないこだわり
みたいなもんです。

こだわりのラーメン屋さんが
あって、そのラーメンが美味しくて
お客さんもいっぱい来てる、

こういう『こだわり』は
良いですよね。

どうでも良い話でしたね。

執着、

○○じゃなければいけない、

という義務的な
想いでもありますね。

色々な手順をやったあとに、
それを忘れるというのは、

執着を忘れるのではなくて、
イメージそのものを忘れる

ということです。

自我がしっかりしている内は
ある程度常識とか、概念が
働いている状態なので、

イメージの現実化、現象化が
起こりにくい
と思われます。

よりスムーズに現象化して
もらうには、自我(顕在意識)には
お休みしてもらっている方が
都合が良いんですね。

なので、

そこでイメージしたモノゴトを
忘れたら良いですよ、

ということです。

これは執着とは関係無い
ところですね。

で、

執着の事に触れる前に
この話の帰結まで。

僕らは忘れよう忘れようと
すればするほどその物事は
頭にこびり付いてしまうので、

イメージを忘れる手放す
ためには、

自我、自分の考えが入る
余地のないことをやれば
良いとなります。

氣持ち良くお風呂に浸かる、

とか、

超絶、美味しいものを食べる、

とか、

大好きなガンプラ
作りに没頭する、

とか、

ですね。

ガンプラ作りではなくて
趣味で熱中できるモノであれば
オッケーでしょう(笑)

それが、

具体的なイメージをしてから
現象化を望む時のプロセス、

ってことになります。

こちらの電子書籍にも
書いていますので、

まだ読んでいない人はぜひ
Amazonでポチってください。

(あ~、こういう広告
スムーズでいいですね、笑)

さてさて、

ここから執着の話になります。

執着っていうのは、

不要なこだわりです。

今回のご相談で言えば、

「借金」もそうですし、

お金を手に入れるまでの
「方法」もそうです。

もちろん、

借金を返済するという
決意は素晴らしいものだと
思います。

ですが、

最も大事なのは結果です。

豊かな生活、

お金を氣持ち良く使えて、
快適な暮らしをする、

というコトなので。

それが達成できれば、

借金があっても、

どんな入口からお金が
入ってきてもオッケーという
軽い心持ち
であると、

よりスムーズに
なるかもしれません。

決意すること、

決断することは、

ゴールを1つ見つけて、
それ以外の道筋、

それ以外のパラレルを
消すということなので、

強いエネルギーを
生み出すことができます。

なので、

アリなんですよね。

でも、

それはできるだけ、
高い抽象度でまとめられた

ゴールの方が効果的でも
あります。

借金を返す、というのは
そこに至るためのプロセス
なので、

一時的にそこに向けるのは
ありなのですが、

そこから先のゴールを
明確に持っておけば

さらに素晴らしい結果を
得られるのではないかと
思います。

ご相談内容も多岐に
渡っていたので

きちんとお答えできているか
どうか分かりませんが、

長くなってきたので、
今日はここらへんで。

また、

ご感想やご質問など
お待ちしていますね。

コメントいただければ
そちらに返信していきますのでわんわん

ご相談どうもありがとうございます。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2016 All Rights Reserved.