違う結果を得たければ同じ行動を続けてはいけない

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

先日、東京で開催したビジネスセミナー、継続して売り上げを上げ続ける仕組みを構築する内容のセミナーでしたが、ご参加いただいた皆さんにも喜んでいただけて良かったです。

今回はビジネスの話でしたが、この仕組みというのが何をするにしても大切です。

継続した一定の行動は仕組みになって結果をもたらす

仕組み = システムのことで、一定のことをしていれば一定の結果が出てくるというものです。

同じことを続けていれば同じ結果が出続けるのと同じ。

昔、自己啓発セミナーによく通っていた時に、ジェームズ・スキナー氏の高額なセミナーにも参加したことがあります。

ジェームズ・スキナーさんは日本語が超上手いアメリカ人で経営コンサルタントとして色んなビジネスを手掛けてる人ですね。

時々ですが、テレビにも出演されていたことがあるので、ご存知の方も多いかもしれません。

で、そのセミナーの中で彼が言っていた言葉が、

「同じことをやって違う結果を得ようとするのは精神異常者だ!」

というものです。

まぁ、セミナーなんで、キャッチーでインパクトのある言葉を使っているんだと思いますが、事実としてそうだと思います。

同じ行動をしていれば、同じ結果にしかつながりません。

例えば、分かりやすい話でダイエットなんかモロにそうですね。

同じ行動をしていても同じ結果しか得られない

やせたい、あと3kg減らしたい、下腹のお肉を落としたい、ふともものタプタプをなんとかしたい、二の腕のたぷたぷをなんとかしたい、デコルテラインのたるみをなんとかしたい、あごを引くと二重あごになってしまってヤバイ。

そんな悩みがありながらもいつもコンビニで菓子パンを買って食べていたら、なかなか難しいわけです。

これ、例えの話ですからね(笑)

もし、やせたい、体重を減らしたい、もっと良いスタイルにしたいと思っていれば、それは、今とは違う結果になりますから、違う行動をとらなければいけません。

今までと同じように会社の帰りにセブンイレブンとか、ファミリーマートとか、寄って菓子パン買って食べてちゃダメなんです。

ナチュラル・ローソンだから良いでしょ!

と思ってもダメです(笑)

帰りがけにコンビニによって菓子パンやお菓子とか買ってちゃダメなんです。

ジェームズに言わせれば、同じ行動を続けて違う結果を求めるのは、精神異常者ってことになりますから、見事に精神異常者に認定されてしまいます(笑)

行動を返るわけです。

コンビニに寄るのを止めるわけです。

もし、コンビニ寄るのが体に染みついているのなら、菓子パンではなくスルメを買って食べるとかでも良いです。

変えられることを変えていくことが大事です。

例え、小っちゃなことでも積み重なれば大きな結果が返ってきます。

今回は、ダイエットの話でしたが、今、あなたが何か得たい結果があって変化を望んでいるとしたら、今やっていることと何か違うことをやってみてください。

仮説と検証、その結果を受けて新しい行動。

永遠に続くサイクルですが、回していけばどんどん理想に近づいていけますね。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2017 All Rights Reserved.