好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

言葉もまた神なり、言葉=光透波、漫画アマテラスの世界からひも解く、言葉と神(カミ)。

2018/04/17
WRITER
 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

あなたはどんな言葉
を使っていますか。

わたし達の生活に非常に
大きな影響を与えている
モノに言葉があります。

言葉の力、

言霊のエネルギーは

顕在意識だけではなく、
潜在意識に強く作用します。

そのため、

非常に影響力が強い。

新約聖書、

ヨハネの福音書の冒頭にも
そのことが書かれています。

 

初めに言葉ありき、

言葉は神と共にありき、

言葉は神であった。

(現代語訳)

太初に言あり、

言は神と偕にあり、

言は神なりき。

(大正改訳聖書より)

・大正改訳聖書 ヨハネ福音書全文

こちらはガラスの仮面などでも
有名な美内みすず先生の漫画
『アマテラス』です。

色んな意味でかなり興味深い
漫画ですが、その中にも言葉に
ついての記述があります。

(ちなみにアマテラスですが、
続きがまだ書かれていません。

氣になっている人も多いはず。)

以下、アマテラスの本文中より
引用させていただいています。

 

神は光透波(ことば)により
世界を創造された。

無限に響く宇宙大生命の
光透波の『音』なり、

宇宙とは光透波の海なり

いっさいを生かし
いっさいを育ててゆく、

人は霊止(ひと)なり
神の霊(ひ)が肉体に
止まりしものぞ、

よって霊止は光透波を
使うことができるのじゃ。

人が神だった頃『言葉』は
『光透波』だったのじゃ。

今は思いを伝える道具でしかない。

光透波はそれを使う者の霊が宿り、
よって神の光透霊(ことだま)となる。

愛を光透波で発すれば、
世界は愛に満ちよう。

憎しみの暗き光透波を発すれば
そこに地獄が生まれよう。

光透波は想念界、

神界にいきわたり、

世界を動かすことを知れ。

祈れよ。

平和と愛と調和こそが
地球と人類の未来を輝かしい
ものに変えていこう。

まことの祈りは己が魂を神と
同調させることにあるのだ。

祈りとは

『意乗り』

である。

万物の創造主たる神の
意に乗ることじゃ。

神の意(こころ)に己が
心をあわせることぞ。

平和の想いを『光透波』で
『意乗れ』強く強く

くりかえしくりかえし。

『光透波』 で 『意乗れ』。

さすれば神の波動が、
地上に満ちよう。

人々は母たる神の
愛に目覚めよう。

人が霊止だと気づくとき、

己の中の神の
魂に気づくとき、

すべての生命が神の愛によって、
生かされていると気づくとき、

人は変わろう、

夜は変わろう、

人類はまことの
夜明けを迎えようぞ。

今一度いう、

霊止は『光透波』を
使うものなり、

その深き意味を知るが良い。

『光透波』で神の
『意』に『乗る』がよい。

さすれば変わろう世の動き。

愛せよ大調和せよ、
光れよ、神の子ら。

こういう表現は好きな人は
好きで感覚的に納得される
でしょうが、

もうちょっと具体的な話を
聞きたくなる人もいるでしょう。

漫画の中で具体的な
話をしてしまうと

せっかくの世界観が
壊れてしまうので
よくありませんが、

紹介した手前、

ざっくりとした解説を
つけてみようと思います。

(あくまでもざっくりと、
詳しくはその手の専門家に
確認してくださいね)

言葉というのは
音の1種ですよね。

人間が何かしての
意図を持って使うのが
言葉と考えられます。

アマテラスの中で

言葉 = 光透波

とありましたが、

とても言い得て妙な
部分があります。

わたし達が視ているモノ
というのは実はたった
1つしかありません。

今わたしの目の前に
パソコンがあって、

キーボードをタイプ
していますが、

厳密に言えばパソコンを
視ているわけではありません。

リンゴの木があっても
同じでリンゴを視ている
わけではありません。

わたし達が視ている唯一の
モノというのは『光』
です。

物体に反射する光を網膜の
視細胞で捉えているのです。

そして、さらにいえば、

現段階でこの世の最小単位は
素粒子とされています。

光、光子(フォトン)は
素粒子の1つでもあります。

この世界が全て
素粒子によって
成り立っているのに、

どうしてこのように
千差万別の物質や
生物があるのか、

それはどうも、

素粒子の『振動数の違い』に
その理由があるということが
明らかになってきました。

この世界、この空間を
満たしているのは同じ
極微の物質ですが、

その振動数が違うために
様々な形で表現されます。

振動数、

それは、

周波数とも言えます。

フリークエンシーですね。

つまり、

振幅の長さ、波の細かさによって
すべての物質が決定されている
ということですね。

・周波数@wiki


※画像はwikipedeaより、画像をクリック
するとwikipediaに飛びます。

そして、

言葉、音に戻ります。

音というのは

空氣の振動です。

つまり、音を出す、

音が出るというのは、

そこに新たな振動が
加えられている、

ということに
他なりません。

言葉というのは、

ヒトの意志が
乗った音です。

ということは、

わたし達が言葉を使う時、

ヒトの意識が素粒子で
満ちているこの世界に

ダイレクトに影響を与えて
いると考えられませんか。

また、言葉を発するには
物理的な作用も必要です。

ヒトの意識というのは
根本ですが、

肉体があるからこそ、より
強い影響力が与えられます。

つまり、

ヒトは人間というツールを
利用してこの世界を為している、

または為そうとしている、

(観方によって変わりますが)

ということですね。

このように考えると、

カミ(神)の本質というのも
観えてくるものがあります。

カミの本質的な部分は
変化を生む力です。

そして、

変化に必ず伴うのが
エネルギーの移動。

こっちから、あっちへ、

そっちから、こっちへ。

それを起こすのが

『カミ』です。

日本では昔から八百万の神
がいるとされてきました、

西洋社会でも汎神論が
唱えられもしています。

この世の中で変化をしない
モノはありません。

岩などの鉱物も長い年月を
かけて形を変えていきます。

鉄などの金属もいつの日か
酸化して朽ちていくでしょう。

ということは、

すべてに神が
宿っている、

となりますし、

変化という
動きそのものが

神だということが
分かります。

本題に話を戻しますと、

言葉を使えば、

必ず変化が起こります。

言葉にはヒトの意が乗る、

ヒトがこの世に意図を
発して言葉となる、

言葉(光透波)も、
また神なり
ですね。

皆様、よろしくおねがいします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

水が変われば人生が変わる

あなたの人生を7割変えてしまうかもしれない語られないお水の秘密を知りたくありませんか?

7割というのは、人体における水分の量。

この体を構成しているお水の性質がガラリと一変してしまうとしたら、あなたの人生は今まで以上のモノになると思いませんか?

健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉の通り、僕らの体と心は密接に結びついています。

体を構成している水を変えれば、体が元気になって気持ちも変わり、ひいては人生そのものが変わっていく

その常識を超えた水の秘密をこのメールセミナーでお伝えします。

上のボタンをクリックして、お名前とメールアドレスをご入力ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2014 All Rights Reserved.