好きなコトして自由に生きる30代からのライフデザイン~片岡徹也公式ブログ~

メルマガであなたの「嫌」を消す技術セルフ・マイニング動画講座公開中

目標を持つとあなたが輝く。落ち込む毎日に意欲を取り戻すある方法

WRITER
 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

LINE@始めました。友だち追加はこちらから。

友だち追加

ブログの更新情報に加えて限定コンテンツも配信します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

やりたいことや目標が見つからないとき、何をしたらイメージが湧いてくると思いますか?

目標を持って仕事や社会活動などをされてる人って輝いて見えます

それに、目標があると、すぐに上手くいかなかったとしても、そこで凹んで動けなくなることもありません。

一度、決めた目標を目指して、行動を続けられるんですよね。

ただ、短期的な成果だけを目的にしているとちょっと失敗したり、成果がでなかったときに意気消沈して気分が落ち込み行動を続けられなくなりがち。

だから、ある程度長期的な目標を持つことは、毎日をポジティブに前向きに過ごすのにも大切なことです。

とは言うものの、今すぐ目指すものがある人は大丈夫ですが、パッと思い浮かばないこともあります。

「うーん、私 何やりたいんだろ?」

「本当に今やっているコトがやりたいのかな?」

みたいな感じですね。

こういうときこそ目標を持つと良いんですけど、すぐには浮かばない。

そんなとき、どうしたら良いか?

今回の記事で、確実に気持ちを切り替えられる重要なところを伝えしようと思います。

心を動かす目標が無いとき、何をすれば良い?

「私に目標なんてない」ってとき。

目標を持つために重要な力があります。

それは、想像力

自分の想像力が最大になる状態を設定すれば良いんですね。

そして、誰もが想像力が掻き立てられる状況というのが必ずきます。

それは、どんな瞬間だと思いますか?

それは、死の瞬間です。

死を想えば生きる目的が見えてくる

正確に言えば、死が迫ってきていることをリアルに感じた瞬間と言えるかもしれません。

人は成功よりも失敗から多くのコトを学ぶと言われています。

本当の意味で人生に失敗はないのかもしれませんが、(すべては経験として蓄えられるため)それでも、死ぬ間際になってもずっと後悔していることがあるとしたら、そのコトは「自分の人生における失敗」と考えられるかもしれませんよね。

昨日は、マルンガイの仲間で勉強会をやっていて、その中のワークの1つとして、「死ぬ前に後悔すること25」という本から引用した内容を見て、そこから感じたことや氣が付いたことをシェアしていきました。

後ろでピースしてる陽気なまこっちゃん

「死ぬときに後悔すること25」から学び、イメージする

一昔前に流行った本です。

末期がんでもう治療の見込みがなくホスピスで死を待つ患者さんに医師が質問して、

死ぬ前に後悔することは何か?

と、尋ねて、その患者さんたちが答えた内容をまとめられた本なんですね。

その答えの中には、健康や人間関係について、社会生活、自分の理想、趣味、旅行、故郷、それぞれの分野で大別された後悔が25個あったとまとめられています。

そこに掲載されている25個の後悔はこちら。

死ぬときに後悔すること25より抜粋

  1. 健康を大切にしなかったこと
  2. たばこを止めなかったこと
  3. 生前の意思を示さなかったこと
  4. 治療の意味を見失ってしまったこと
  5. 自分のやりたいことをやらなかったこと
  6. 夢をかなえられなかったこと
  7. 悪事に手を染めたこと
  8. 感情に振り回された一生を過ごしたこと
  9. 自分が一番と信じて疑わなかったこと
  10. 他人に優しくしなかったこと
  11. 遺産をどうするかを決めなかったこと
  12. 自分の葬儀を考えなかったこと
  13. 故郷に帰らなかったこと
  14. 美味しいものを食べておかなかったこと
  15. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
  16. 行きたい場所に旅行しなかったこと
  17. 会いたい人に会っておかなかったこと
  18. 記憶に残る恋愛をしなかったこと
  19. 結婚をしなかったこと
  20. 子どもを育てなかったこと
  21. 子どもを結婚させなかったこと
  22. 自分の生きた証を残さなかったこと
  23. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
  24. 神仏の教えを知らなかったこと
  25. 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

もし、あなたが、詳細な項目に興味があれば本を読んでみてください。

で、昨日もそのワークを仲間でやっているとどんどんと死ぬ前にやっておけば良かった、と思えるようなコトが湧いてきました。

死ぬことと生きることは同義です。

だから、目標を見失ったり、気持ちが落ち込んでしまうときは、より良く生きるため、この人生を楽しむために死を想うことが効果的です。

メメント・モリ。(フランス語で死を想え)

あなたは死ぬ前に後悔することって思い当たりますか?

明日死ぬとしたら、、、という究極の状態を想像してみても良いし、今の人生が続いた先に亡くなってしまうイメージでも良いです。

もし、死ぬ前になったら、どんなことを感じていたら良かった、何をやっておけば良かったと思うでしょうか?

それを想像することで、逆に、今やりたいこと、これからやりたいことが明確になってきます。

そして、そのやりたいことを実現するために目標を立てていくのが良いです。

より良く生きるために、人生を楽しく生きるために、死を意識してみるのが効果的です。

これ、友達や仕事仲間、家族と一緒にやるとそれぞれが大切にしていることを話すきっかけになるのでおススメです。

感じたこと、考えたことをお互いシェアしていけたら素晴らしいですね。

こちらの動画もぜひ見てください。

心が清涼感で満たされて、ワクワクするイメージが湧いてきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

水が変われば人生が変わる

あなたの人生を7割変えてしまうかもしれない語られないお水の秘密を知りたくありませんか?

7割というのは、人体における水分の量。

この体を構成しているお水の性質がガラリと一変してしまうとしたら、あなたの人生は今まで以上のモノになると思いませんか?

健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉の通り、僕らの体と心は密接に結びついています。

体を構成している水を変えれば、体が元気になって気持ちも変わり、ひいては人生そのものが変わっていく

その常識を超えた水の秘密をこのメールセミナーでお伝えします。

上のボタンをクリックして、お名前とメールアドレスをご入力ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World party , 2018 All Rights Reserved.