2018/04/15

食事とは宇宙との調和を図ること。わたし達が暮らす太陽系の情報をアップデートすること。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

最近、断食やファスティング、
1日1食などが流行っています。

こういった書籍も
売れていますよね。

・1日3食をやめなさい 内海聡著

・やってみました1日1食 船瀬俊介著

・食べない人たち 秋山佳胤、森美智代、山田鷹夫著

こういった背景に栄養学の
移り変わりもありますが、

もっと根本的に食事に対する
大きなパラダイムシフトが
行われています。

といっても、

小難しい話ではなく、
非常にシンプルなモノ。

それは、

食べない方が健康に
良い
ということです。

わたしが子どものころは、
両親、親戚からも食べないと
大きくなれない、とか、

食べないと力がつかない、と
言われていました。

親戚の集まりでは食べろ
食べろ、とお椀にご飯を
注がれていました。

食べれば成長する、

食べれば健康になる、

という、

考え方だったように思います。

昔から東洋医学や食養の分野では
粗食が健康に良いということが
言われていましたが、

西洋的な価値観の中ではエネルギーを
摂らなければならないという、

いわゆる義務的なスケールの中で
食事というものが考えられてきました。

これも、海外からの輸出産業の
思惑などもあってのことですが、

量を食べることが大事、だと
一般的に考えられてきました。

1日3食になった背景にも、
こんな話があります。

19世紀半ばにエジソンが
トースターを発明し、

それを販売するために朝食を
食べることを推奨しました。

それによって1日3食食べる習慣が
根付いたという説ですね。

本当かどうか確証は持てませんが、

現在の状況を考えると、
あり得る話だと思います。

 

つまり、

『食事の量を食べる』

というのは、

人間の健康を考えての
ものではなくて、

商業的な

『マーケティング』、

の結果として普及してきた、

 

ということです。

そして、現代、

人間の健康を軸にして
食事を考えてみると、

あまり量を食べない方が
身体には良いということが
明らかになってきました。

そもそも、

わたし達人間の
一般的な生活において、

もっともエネルギーを消費
する活動が『消化』です。

エネルギーを得るために
食事をしますが、

食べ物からエネルギーを
身体に摂りいれたり、

アミノ酸に分解して、
細胞に変えていく作業には

膨大なエネルギーが
必要とされます。

だから、

食事をした後というのは
非常に眠たくなります。

身体の臓器の中で一番エネルギー
消費の大きい『脳』を休めることで
消化にエネルギーを集中するんですね。

エネルギー計算で考えると、
+(プラス)になるよりも

むしろ、

-(マイナス)になっていると
いう氣さえしてきます。

それなのに、

わたし達は食事をする。

その答えを考えるには、

エネルギー(熱量)ではなく、
別の観点から食事という行為を
観ていくとその理由が分かります。

その別の観点というのは

『情報』です。

わたし達は新しい情報を
摂りいれるために食事を
しているのです。

こちらの記事もご参照ください。

●食べ物から『情報』を得れば病気にならない。
『旬のモノ』と『地産地消』が身体に良い知られざる理由

●四里四方のもの、旬のものを食べる意味は栄養
だけではなく未来の情報(気候の変化)を摂りいれること

野菜や植物は太陽の
光を浴びて育ちます。

太陽の光は太陽系最新の
情報が入っているため、

野菜や植物、またはそれを
食べた動物を食べることで

太陽系の最新情報を摂りいれて
肉体を構築することができます。

それが、

食事を摂る理由なんですね。

そして、

どうして最新情報を摂りいれて
アップデートをする必要があるのか、

ということも考えると面白いです。

それは、

内部宇宙(ミクロコスモス)

である肉体と

外部宇宙(マクロコスモス)

である大宇宙の

新旧のデータの齟齬を
解消することが目的です。

つまり、

『調和を図る』

ためです。

わたし達が暮らしている
地球は自転しながら太陽の
周りを公転しています。

そして、

太陽も第一天の川銀河の中を
時速約8万3700キロで動いています。

こちらの動画も面白いです。

話を戻しますが、

食事の根本的な理由が
調和を図ることであるとすると、

生活そのものが『調和』であれば、
食事は必要なくなるかもしれません。

冒頭に挙げた本の中に
不食の人たちという本があり、

ほとんど食べない人や青汁だけで
数十年間生活している人、

本当に不食の人も紹介されています。

それは人間の新たな進化の
プロセスかもしれませんね。

興味深い話です。

最も濃い情報は公式メルマガで配信しています。

下のリンクをクリックしてお名前と
メールアドレスをご登録ください。

自由に戻る勇氣 片岡徹也公式メルマガ

セミナーの最新情報やブログでは
書けない話をお届けしています。

メルマガ読者登録特典プレゼント中。

登録後に自動返信メールが届きます。

そちらに特典もついていますので、
興味のある方はご参照ください。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2014 All Rights Reserved.