2018/05/02

サンコンさんに会いました。マンネリから脱却して新しい世界を感じよう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

マンネリ解消のために好奇心のアクセルを踏もう

サンコンさんに会いました。

サンコンさんと一緒に!
image

今日はサンコンさん
との出会いから、

マンネリ化した
つまらない日常を変える
意識の向け方をお伝えします。

サンコンさんといえば
暦年の外国人タレント。

子どもの頃からテレビで
よく見ていた人だけに、

リアルで会うとうおー!!

と感動しました。

ことの成り行きは

東京の中野で
次のアポイントまで

時間が空いていたので、

どこか入れそうなとこ
ないかな~、と

探していたんです。

すると、

奄美料理屋さんを見つけて、

そこの可愛い店員さん(笑)
にどうぞ~、と中に案内
されたのがきっかけ。

沖縄料理はよくあるけど、
奄美料理って意識して食べた
ことないな~、って

思ってちょっと立ち止まって
たんですよね。

そこをすかさず案内されて
思わず入っちゃったワケです。

ランチを頼んでそこの
女将さんと話していると

岡山にも縁のある方で
話に花が咲き仲良くなりました。

ランチでいただいた
鶏飯もダシがよく効いてて
美味かったです。

ご飯も食べて話も一段落
した時にこれからラジオの
収録あるから、

良かったらどうぞ、
サンコンさん来るよー!

と。

えっ、サンコンさん!

あのサンコンさん、

イッコ、ニコ、

サンコーン!!

のサンコンさんって
思わず聞き返しましたが

本気でサンコンさんでした。

サンコンさん、

奄美諸島にある徳之島の方が
母国のギニアにたくさんの
医療機器を提供されたことがあり、

それに恩を感じられて
奄美諸島のPRに積極的に
協力されているそうです。

そして、

奄美を紹介するラジオの収録
image

ラジオの収録、

東京奄美を2年間で24回
訪れている
福田さんによる

季節ごとの奄美の見所と
片道6千円で東京⇔奄美を
往復する方法
などの

お得情報も満載でした。

僕はもちろん見学だけなので
話しをしていないんですが、

もし、関心あればこちらも
チェックしてみてください。

_______________
●レインボータウンFM
2/12(日)15時30分~16時
牧岡奈美の
synchronize to amami

で放映予定です。

全国どこからでもアプリの
リスラジで聞くことができます。

●リスラジ
http://listenradio.jp/

奄美のご飯、旅行情報が
気になる人は東京中野にある
奄美ふくらしゃさんへ
ぜひ行ってみてください。

●奄美ふくらしゃ
https://www.facebook.com/amamifukurasya/

_______________

奄美ふくらしゃの看板娘のあすかちゃん
image

で、

今回の話しなんですが、

僕の中でこの奄美のお店に
入った前日談みたいなものも
ありまして、

去年の12月に奄美三味線を
聞く機会があったことと、

来月に奄美じゃないけど
離島に旅行することを
決めていたんですよね。

それで、

奄美料理にピンッ!と
アンテナが立った感じです。

このお店をピピピッ
と発見したのは、

もしかしたら、

そこらへんの情報が
積み重なってやってきた
モノだったのかもしれません。

それで、

普段は行かないお店ですし、

人間は一般的に無意識で
慣れた物事を選ぶように
できています。

だから、

初見のお店は入らない
ことが多いわけですよね。

で、

今回も例えば、

時間潰すのにスタバとか
ドトールとか、

他の全国チェーンのカフェ
とかに入ってる可能性も
あったんです。

でも、

物は試しと思って、

好奇心のアクセルを踏んで
ほんのちょっぴりの勇気を
出して、

お店に入ったことが
サンコンさんとの出会いに
結びつきました。

ホントに、

一生会うことなかった
かもしれないですからね。

ホント偶然というのは

面白いです。

僕らは本能的に変化を嫌う

僕らは生き物として

本能的に安心と安全を
望むようにできています。

でも、

ヒトの場合はそれだけでは
満足できないんですね。

高次の欲求というものがあり、
安心・安全を望みつつも、

変化を求める生き物なんです。

だから、

いつもにはない刺激を求めるし、
今よりもっと、と向上性が
生まれるわけです。

だから、

1つ見知らぬモノゴト、

今まで聞いたこともなかった
単語やフレーズを聞いたときは
大チャンスなんです。

ほんのちょっとしたわずかな
変化が後々に大きな変化に
繋がっていったりします。

ドアの先には新たなドアが
あってどんどん世界が素晴らしく
開けていくイメージ
です。

そこを軽やかにあなたは
進んでいくわけで。

世界はますます輝きを
増して
いきますよね。

どこに意識を向けるか?

意識のチャンネルを変えれば
世界が広がるってことです。

今回は、

つまらない日常を
変えるためには

氣になっているものや
新たに得た情報について、

好奇心のアクセルを踏んで
知らないドアを開けて入ってみよう
ということをお伝えしました。

ちょっと追記ですが、

サンコンさん元々ギニア大使館の
駐日親善大使だった方です。

僕も昨日初めて知ったんですが
ギニア日本交流協会から
ギニアを広めるために

笑っていいとものオーディションに
参加してそこから芸能活動を
始められたんですね。

フランスのソルボンヌ大学にも
国費で留学されているし、

ギニアの母国語、フランス語
だけではなく英語、日本語、

スペイン語も話せる
マルチリンガルなんですよ。

テレビを見ているだけでは
わかりませんよね。

外国人タレントって日本語に
不慣れな感じの方がウケが
良いので、

そういうキャラクターのまま
やられていますが、

高学歴だったり事業ばりばり
されてたりってケースがあります。

今もよく出ている

厚切りジェイソンなんかも
数社の社長だったりしますもんね。

テレビは影響力が圧倒的に
強いので一面的な見方に
なりがちですよね。

僕も氣をつけたいと思います。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2017 All Rights Reserved.