2018/04/13

奇跡の植物マルンガイひと夏で一氣に成長、170cmをすでに超えそう。不思議で神秘的な植物です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

今年の夏から奇跡の植物と
呼ばれるマルンガイを育て始めました。

マルンガイの苗をいただいて、
育て始めたのが6月中旬。

photo:01

 

鉢に植え替えたところ

photo:02

 

それが、3ヶ月であっという間に
こんなに大きくなりました。

ビックリ!

photo:03

 

わたしの鼻のあたりまで成長していて、
170cmぐらいになっています。

8月上旬に、一度鉢のサイズを
大きくするため植え替えをしました。

実はその時に、植え替えを失敗して根を
完全に前の土から切り離してしまったのです。

photo:04

 

そのあとは一回、無残なことにほとんどの葉を
散らして必要な養分を減らしてました。

もう一度根がしっかり張るのを待っていたようです。

photo:05

 

上の方に小さな新芽がついていたので無事だろうとは
思ってましたが、いらない心配をちょっとしてしまいました。

マルンガイさんごめんなさい。

しかし、そのあとは徐々に葉っぱが増えてきて、
枝もニョキニョキ出てきて現在に至ります。

マルンガイの生命力、エネルギーは
本当に素晴らしいものがあります。

マルンガイ(学名=モリンガ•オレイフェラ)は
主に熱帯で育つ植物ですが日本でも鉢植えで
育てることができます。

なぜ鉢植えなのかというと、越冬させる
ためには室内に入れた方が良いためだす。

氣温が低下してくると自然と葉を散らしますが、
5度以下になると、根もやられてしまうとのこと。

日本では冬は室内に入れることが大切なんですね。
もう少し先になりますが氣をつけておこうと思います。

マルンガイに関してはこちらの
記事も参考にしてください。

・地球上で最も栄養素が豊富で含有量も高い奇跡の植物
マルンガイ、途上国で乳幼児死亡の低下にも寄与。

・【新たな進化】植物と動物の違いは光合成!?呼吸しかできないのは
不完全、光合成と呼吸をする動物って

また、マルンガイについて詳しい情報を知りたい方は
こちらのフォームからお問い合わせください。

●マルンガイお問い合わせフォーム

しかし、マルンガイの大きくなるスピードにはびっくりです。

熱帯では3ヵ月で6mを超える大きさにもなるようで、
ジャックと豆の木のモデルという説もあります。

本当に神秘的な植物ですね。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2013 All Rights Reserved.