2018/03/12

311震災の大津波の際に海から謎の生物が出現、振動数の違う地球で生きている生物か。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

これは2011年3月11日の震災の時に
空撮された津波の様子です。

この動画の中で海の中から突如出現して
陸に上がり、道路を駆け抜けた後、海に戻っていく
巨大生物の映像が収められています。

現在、youtubeの動画削除されています。

動きが素早く、かなり距離を置いての
撮影のため分かりづらいかもしれません。

だいたいの時間で巨大生物の
動きに合わせてマークしました。

以下の写真を見てから、
再度動画を見てください。

0:31 画面左上海から出現。
$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

0:35 海から陸に上がり駆け抜けていく。
$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

0:50 迂回しながら走り抜けて海に戻る。
$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

0:56 画面より消える。
$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

空撮なので、ビルや車が小さく見えます。

その中であれだけの大きさで駆け抜けていくのは
かなり巨大な生き物であることが分かります。

一時話題になっていたネッシーの
ような生物
かもしれません。

これらの生物は実際に存在するようです。

ただ、今のわたし達とは住む世界が違うので、
普段目にすることはあまりないということです。

『住む世界が違う』というのは

『異なる次元の地球に住んでいる』

ということ。

 

周波数、振動数、波動、と呼び方は様々ですが、
それらが異なる次元の地球が確かに存在するようです。

2012年から始まっている
アセンション
とも関係しています。

それは、人間がこれから完全なヒトに
戻るためのプロセスでもあります。

次元が上昇するというのは波動が高くなる、

ということで

『想い』が現象を反映させる速度が著しく
速い世界でワンネスを実感しながら生きる、

ということでもあります。

周波数を高める鍵は体と心のデトックス

体からは食品添加物や
薬品などの化学物質を抜くこと。

固定観念や概念、執着のない
心に戻ることが大切です。

311の震災で被害に遭われた方のご多幸と
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© Origin World Party , 2013 All Rights Reserved.