2018/04/13

そのサプリ生きていますか!?体が使える栄養は生きてる栄養、色が変わらないのは死んでるから??

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら

$岡山・倉敷 体と心のデトックス専門 毒だしで健康に『戻る』だけ

あなたが体に良いと思って食べている物
飲んでいる物の中には体に良くない物が
入っている
かもしれません。

健康のために摂取したいのはどんなもの?
 マイボイスコムは、『健康によい成分』に関してインターネット調査を実施し、6月1日から6月5日に10……….≪続きを読む≫

上記のニュースを一部抜粋します。

 

健康のために摂取を心がけている成分がある人は
全体の55.4%、男性5割弱、女性6割強だった。

「ビタミンC」(22.9%)がもっとも多く、
次いで「カルシウム」(17.3%)、以下「乳酸菌」、
「ビタミンB」、「鉄」、「コラーゲン」が続く。

「カルシウム」、「鉄」、「コラーゲン」は
女性が男性を10ポイント以上上回っていた。

健康のために摂取を心がけている成分がある人が、
摂取するきっかけになったものは「テレビ番組・CM」(37.2%)、
「家族や友人・知人のすすめ」(21.3%)が上位2位、

「新聞記事・広告」、「一般雑誌」、「インターネットの広告」が続く。
「新聞記事・広告」は50代以上で比率が高くなっている。

ビタミンC、カルシウム、コラーゲン、ビタミンB、
鉄、乳酸菌、サプリメントや健康食品を食べている人、
食べようと考えたことがある人にとって、どれもが
なじみ深い成分だと思います。

(ちなみにコラーゲンというのは体の中で作る物質です
外から取り入れても単純に栄養素に分解されます
コラーゲンについて詳しく書いている記事はこちら)。

ですが、そのサプリや健康食品が
体に良いかどうかはた別の話。

実際に健康食品やサプリメントを
飲んで、体の調子が全然違う、

疲れないし、毎日ハッピーに過ごせる、という体感を
感じられた方はあまりいないのではないでしょうか。

それもそのはず、成分だけが入っていたとしても
体が有効に機能させことができなければ効きません。

体が有効に使えるかどうか、という明確な基準は
『生きているか、死んでいるか』、というものです。

食べ物は本来、生きている物です。

野菜、肉や魚にしても時間が経てば
色が変わって腐っていきます。

これが生きている証拠です。

腐らないもの、色が変わらないものというのは
すでに、死んでいる = 活性を失っている物
考えることができるでしょう。

例えば、生絞りのリンゴジュースは5分もたてば
あっという間に色が変わり茶色になっていきます。

ですが、

市販で売られている100%リンゴジュース、
100%なはずですが、1日経っても、
2日経っても色が変わりません。

あれれ、

おかしいですよね。

色が変わらない、ということはすでに死でいる。

つまり、ビタミンやミネラル入っていたとしても
体はその成分を使うことができません。

わたし達の体が栄養を吸収して、その
栄養を使うにはプロセスがあります。

口から物を食べて、胃で消化し、
腸で発酵してから吸収します。

しかし、食べ物自体が活性を失ってると
きちんと腸で発酵、吸収ができないのです。

色が変わるか変わらないか、というのは
サプリでも食べ物でも良い物かどうか、
見分ける分かりやすいポイントです。

もし、ご自分が毎日飲まれているサプリメントが
あるなら、1つ実験をしてみてください。

【ご自分が飲んでいるサプリメントが
生きているかどうか見分ける方法】
朝家を出る前に1粒、袋から
取り出して、お皿の上に置いておく。

夜家に帰ったら、袋の中に入っている
サプリと色を見比べてみる。

●色が変わっていない

⇒ 死んでる

(栄養素が活性を失っているため体は利用しにくい)。

●色が変わっている

⇒ 生きてる

(栄養素が活性したままである、体は利用できる)。

サプリメントの多くは栄養素を
集めて凝縮したものです。

栄養素は生体内ではその成分を
そのまま保つことができますが、

生きていない物の中では
本来混ざってしまいます。

ビタミンCとビタミンBを混ぜれば、
ビタミンCにもビタミンBにもならず
全く別物になるのが普通の状態です。

それだと、栄養素がこれだけ入っています!、と
謳えなくなってしまい困る
ので、脱イオンという
処理を施して栄養素のまま保存しています。

脱イオンというのは栄養素の電子が繋がる手をとり、
他の成分に変化しないようにすることです。

そうすることで、ビタミンCはビタミンCのまま保存でき、
ビタミンBはビタミンBのまま保存できるのです。

成分のまま保存できるのは良いのですが、
電子の手がなくなっているので、わたし達の体は
その栄養素を有効に使うことができません。

つまり、活性を失った栄養をいくら食べても
消化のストレスになるだけということです。

サプリメントの中には良いものもあると思いますが、
多くは『死んだ栄養の詰め合わせ』です。

お金を払って健康が高まればいいのですが、
それこそ、健康を害している場合もあります。

摂り始めて21日間を過ぎて、実感が続かない場合は
摂るのをやめた方が良いかもしれません。

※21日間はプラシーボ(偽薬効果)が
効くので効果を実感することがあります。

こちらの記事もご確認ください。

 

 

もっと自由に人生を楽しむ秘訣やお金を受け取り豊かさを満喫する秘密、

新時代の健康情報など、特別音声付きの公式メルマガでお伝えしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
1981年生まれ、元看護師、青年海外協力隊として発展途上国での活動で常識が大きく変化し医療の限界も痛感。人が健康に生きるには自然な食べ物や環境が大切だと氣づく。帰国後、潜在意識や量子力学について学びコーチング・コンサルティングを行う。好きな食べ物はから揚げ。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Origin World Party , 2013 All Rights Reserved.